Touken Komachi







脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
三善長道
Miyoshi Nagamichi
【銘文】表 : 陸奥大掾三善長道 裏 : 地鉄研真鍛
【寸法】刃長 51.8cm(1尺7寸1分0厘)、反り 0.75cm(2分5厘)、元幅 2.97cm、元重ね 0.70cm、先幅 2.16cm、先重ね 0.48cm、目釘孔 1個、刀身重量 571g 、白鞘全長 72cm
【時代】江戸時代 延宝頃
【国】陸奥

【特徴】鎬造、庵棟、元先にやや幅差つき、重ね厚め、鎬高めに浅く反りが付き、中切先となる姿。生茎、鑢目切り、先栗尻、目釘穴1個。地鉄は、小板目肌よく詰み、地沸つく。刃文は、直ぐに短く焼き出し、湾れに大互の目、互の目や小湾れを交え、匂深く沸厚くつき、金筋・砂流しかかる。帽子は、直ぐに小丸に長く返り、先掃き掛ける。

 三善長道は、伊予松山に住した三好長国の孫。長国が仕えていた加藤嘉明が、寛永四年、伊予から奥州会津に移封となった際、従って会津に移住した祖父と共に、父政長も移住し、寛永十年に会津で生まれました。はじめ道長といい、万治二年に陸奥大掾を受領し、長道と改名します。江戸の長曾根虎徹に近い作風を持ち、貞享二年、五十三歳で没しました。本作の裏銘にある「地鉄研真鍛」が意味するところは、卸し金を用いて入念な鍛錬を行ったということと見られます。

 研の意味について、津田助広の作に「以地鉄研造之」と裏銘に年紀とともに切るものがあり、幕末の刀工水心子正秀が『刀剣実用論』の中で、この「研」の字は卸し鉄を意味すると説明しています。鋼を直接鍛錬する方法が行われるようになった天文(1532~1614)頃から卸し金の技法は廃れていたものの、慶長(1596~1614)頃に堀川国広が卸し金を再開し、津田助広が和泉守兼之(ウ冠に之と切るノサダ)(かねさだ)の技法に倣い卸し金を行ったのち、元禄頃よりふたたびこの技法は衰退したとしています。卸し金について、「近世は鉄山から銑、鋼、なまがね(金偏に柔)の三つを生産するが、思うような鋼でないとき、鍛治によって昔の人のように自分で吹き直して用いる場合があり、これを卸し金という」と、水心子正秀は『古今製作刀剣弁疑』の中で定義しています。

 真鍛の意味について、類例の作に、大村加卜の「真十五枚甲伏造」、あるいは虎徹の「真鍛長曾根興里作」等の銘があります。幕末に山野加右衞門が記したとされる『鉄鍛集』には、「真の鍛への事」と題する一節があり、出羽(いずは)産の上々の材料を水べしして積み重ね、古い鉄を混ぜて十文字鍛えにしたとの内容が書かれています。

参考文献 : 『作刀の伝統技法』 鈴木卓夫著 理工学社 1994年

見どころ
切れ味に優れ会津虎徹との異名をもつ長道の作風をよく表しており、茎から上身に繋がる線がすっと伸びて、つんだ地鉄に湾れ互の目交じりの刃文は匂口明るく金筋・砂流しかかり、覇気があり、それでいて堅実な作です。

状態ハバキ元にハバキの擦れ跡があります。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地金着家紋入り(五瓜に唐花、桐紋)一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(東京都第94169号 昭和卅参年弐月廿七日交付 、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H28.7.21)、特別貴重認定書(日本美術刀剣保存協会S42.10.22)

【商品番号】A010317【価格】750,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.