Touken Komachi









短刀 白鞘入り、拵付き
Tanto, Shirasaya, Koshirae
相州広正
Soshu Hiromasa
【銘文】表 : 相州住広正作
【寸法】刃長 26cm(8寸5分8厘)、反り 0.4cm(1分3厘)、元幅 2.78cm、元重ね 0.51cm、目釘孔 2個、刀身重量 166g 、白鞘全長 39.5cm 、拵全長 40cm
【時代】室町時代後期
【国】相模
【特徴】平造、三ツ棟。身幅広め、先反りがつき、寸がやや詰まる姿。生茎、鑢目勝手下がり、先は刃上がり栗尻、目釘穴2個。地鉄は、板目肌流れごころ、地沸付く。刃文は、互の目に小足・葉入り、匂口締まりごころ、沸づき、金筋・砂流し・湯走りかかり、飛焼き入り皆焼状となり、棟を焼く。帽子は、乱れ込み先尖りごころに長く返る。

茶潤塗鞘合口拵 : 縁頭と栗形は角でまとめ、白鮫着柄織糸巻柄に雁図の出目貫としています。

相州広正は、南北朝時代・延文頃の初代から、室町時代後期まで同名数代に及びます。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 2003年、『日本刀通観』内田疎天 岡本偉業館 昭和9年

見どころ
身幅広めに寸が詰まり反りのつく姿が特徴的な短刀で、地刃ともによく沸づき迫力ある皆焼刃をなしており、その様相は焼入れ時の音まで封じ込めているかのように鮮やかです。

状態刀身はわずかにヒケがありますが現状で保存と鑑賞が可能です。拵は現代に作られたもので、状態はたいへん良好です。
*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地金着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(岡山県第51544号 昭和四拾貳年参月拾壹日交付 、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H28.2.4)、甲種特別貴重認定書(日本美術刀剣保存協会S50.10.31)



【商品番号】A010417【価格】480,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.