Touken Komachi





刀 拵入り
Katana, Koshirae
丹後守兼道
Tango no kami Kanemichi
【銘文】表 : 丹後守兼道
【寸法】刃長 68.2cm(2尺2寸5分0厘)、反り2.4cm(7分9厘)、元幅 2.89cm、元重ね 0.57cm、先幅 2.05cm、先重ね 0.46cm、目釘孔 2個、刀身重量 598g 、拵全長 102cm
【時代】江戸時代中期
【国】摂津

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、反り深めに付き、中切先延びる姿。生茎、五分ほど区送り、鑢筋違に化粧、先入山形、目釘孔二。地鉄は、小板目肌つみ、小杢目交じり、地沸つき、地景細かに入る。刃文は、互の目に足入り、小乱れ刃交じり、沸つき、金筋・砂流しかかる。帽子は直に小丸に返る。

黒石目地塗鞘打刀拵 : 三巴図透鐔(鉄地金象嵌)、枝菊図目貫(素銅地容彫)、唐草図縁頭(鉄地銀象嵌)、素文鐺(銀地)

 初代丹後守兼道は、京初代丹後守吉道の次男で吉兵衛と称し、初銘は直道と切る。寛永二年大坂へ移り、受領した。寛文十二年に70歳で没した。銘には菊紋と「一」の字を切るものが多く、年紀銘には寛文三、十一などがある。二代丹後守兼道は、初代丹後守兼道の子、喜平次と称し、元禄年間に江戸でも作刀したと伝えられる。年紀銘には、元禄十四、十一などがある。本作は二代の作と見られます。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 2003年

見どころ
直ぐの焼き出しがあり、元の方に変化の多い乱れ刃を焼き、次第に二つ、三つと連れた互の目に小湾れを交え、上へいくに従い比較的単調な互の目刃文に変化していきます。匂深く匂口の明るい作です。
                                                                        
状態若干研ぎ減りがあり、刃先、平地、ハバキ元などにところどころ小錆、ヒケがあります。差裏刃中に直径1cmほどの朽ち込み跡があります。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地一重ハバキ、拵、拵袋、登録証(千葉県第25958号 昭和45年12月22日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成29年5月30日発行)



【商品番号】A010917【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.