Touken Komachi







短刀 白鞘入り 拵付き 
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
康廣
Yasuhiro
【銘文】表 : 康廣
【寸法】刃長 20.4cm(6寸7分3厘)、反り なし、元幅 2.45cm、元重ね 0.80cm、目釘孔 1個、刀身重量 173g 、白鞘全長 35.5cm  拵全長 35cm
【時代】江戸時代後期
【国】摂津
【特徴】平造り、庵棟、身幅尋常、重ね厚く、フクラのやや枯れた姿。生茎、鑢目筋違、先栗尻、目くぎ穴1個。地鉄は小板目肌よく詰み、流れごころの肌交じり、地沸微塵につき、地景入る。刃文は、小沸出来の互の目を基調とし、小互の目や小丁子を交え、足・葉入り、細かな砂流しかかり、湯走りかかり、棟焼き入る。帽子は先掃き掛けて小丸、表裏共に深く返る。

朱塗鞘松代拵

土佐将監為康が紀伊に移住したことから紀州石堂が始まるとされます。一派は刀工が栄え、主に寛永から延宝頃にかけて活躍したのち、大坂にその多くが移ります。為康の次男として紀州に生まれたのが康廣です。初銘を「安廣」と切ったとも、また一説には「安廣」と改めたとも伝えられ、大坂石堂派の隆昌に尽力しました。以下、康廣同銘が数代続き、各代ともに備前伝の丁子乱れ、あるいは沸や匂の深い大互の目乱れなどを焼いています。本作の康廣は、その後代と見られ、現存する作品が少ないためか銘鑑に記載がありませんが、銘鑑を補う貴重な作と言えます。

参考文献 : 『寒山刀剣講座 第二巻 大坂鍛治・諸国鍛治(一)篇』刀和会 昭和60年

見どころ
重ね厚く頑丈な作り込みで寸の詰まった鋭さのある姿、地沸よくつく精美な小板目鍛えの地鉄に、匂口明るく刃中の働きに富む沸出来の互の目乱れの刃文を焼き、威力を感じさせる一口です。

状態研磨済みで、良好です。白鞘とつなぎも新調されています。拵は、鞘に塗りの剥落したところが数カ所あります。
*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】赤銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵(小柄はありません)、拵袋、登録証(島根県 第17961号 昭和45年4月10日交付)、
倉敷刀剣美術館鑑定書(H29.1.6発行)



【商品番号】A020217【価格】250,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.