Touken Komachi







脇差 白鞘入り 拵付き
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
因州兼先
Inshu Kanesaki
【銘文】表 : 因州住藤原兼先
【寸法】刃長 56.66cm(1尺8寸7分0厘)、反り 1.51cm(5分0厘)、元幅 3.18cm、元重ね 0.70cm、先幅 2.23cm、先重ね 0.41cm、目釘孔 1個、刀身重量 609g 、白鞘全長 78.5cm
【時代】江戸時代中期
【国】因幡

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅広め、重ね尋常、反りつき、中切先延びごころとなる。

 茎は、生茎、鑢目は檜垣鑢、先は刃上がり栗尻、目釘孔一。

 地鉄は、小板目肌、流れごころ、小杢目交じる。

 刃文は、沸出来、互の目乱れ、逆ごころの矢筈形の刃・尖刃・丁子刃交じり、叢沸つき、足・葉入り、小さく飛焼きかかり、砂流しかかる。

 帽子は、先尖り気味に小丸、細かに掃き掛け、長めに返る。

 唐草図揃金具蛭巻塗脇差拵 : 唐草図鐔(赤銅地毛彫片切彫 銘 : 鯉家守住 (花押))、唐草図縁頭・吊金具・鐺(銀地毛彫片切彫 銘 : 鯉家守住 (花押))、毛抜形目貫(真鍮地
)

【見どころ】兼先は、美濃関の系統と見られ室町時代から存在し、慶長頃に因幡鳥取に移住して以降、因州鳥取藩の抱鍛治として明治に至るまで連綿と続いた刀工一派です。よく詰まった地鉄に、沸出来互の目乱れが矢筈形の刃・尖刃・丁子刃などを交えて刃中変化し砂流しかかるといった、動きのある大胆な刃文を焼いています。唐草図の揃金具を用いた拵えが付いています。

【状態】刀身は、
棟に浅い長い鍛割れがあります。拵えは、塗鞘にわずかに当たり傷がある他は概ね良好です。
【付属品】素銅地金着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証( 岡山県第8015号 昭和廿六年参月参壹日交付)刀剣保存会正真鑑定書(日本刀剣保存会 平成12年10月15日発行)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成15年2月17日発行)



【商品番号】A020718【価格】850,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.