Touken Komachi







刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(宮川宗次)
Mumei, attributed to Miyagawa Munetsugu
【銘文】無銘
【寸法】刃長 65.0cm(2尺1寸4分5厘)、反り2.0cm(6分6厘)、元幅 3.10cm、元重ね 0.67cm、先幅 2.12cm、先重ね 0.48cm、目釘孔 3個、刀身重量 634g 、白鞘全長 91cm
【時代】江戸時代末期
【国】信濃
【特徴】鎬造、庵棟。身幅・重ね尋常、反り高く、中切先となる。表裏に棒樋を掻き丸留めとする。生茎、鑢目筋違、先刃上がり栗尻、目釘孔3個。地鉄は、板目肌やや肌立ち、地沸つく。刃文は、互の目乱れ、足・葉入り、金線・砂流ししきりにかかり、荒沸つく。帽子は、乱れ込み先小丸に返る。

 宮川宗次は、山浦真雄の門に学び、江戸時代末期、元治・慶応の頃活躍した信濃の刀工です。「信濃国宗次」、「山浦真雄鍛之信濃国宗次」等と銘を切り、元治二の年紀作があります。筑前守宗継と銘を切る作もあり、「西都五条辺信濃国宗継造之」、「於洛陽三原辺松代臣宗継造之」、「宮川筑前守源宗継造之」などがあり、慶応二・四、明治三の年紀作があります。元治元年、松代藩主の真田幸教が藩兵を率いて京都の警衛に赴き、仏光寺を本陣、本覚寺を宿陣とし、禁門の変が起こると参戦し朝廷の守りにつきます。宮川宗次は、宗継と切る長銘の内容から京都でも作刀したことが判り、風雲急を告げる幕末の京都で御所警備の任に当たった藩士の刀を鍛えたことをうかがわせています。


・五条大橋東詰北から鴨川越しに北西の方角を望む(撮影 : 平成29年4月初旬)

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井正國編著 本間薫山校閲 雄山閣 2003年 、『歴史読本』「佐久間象山『京都日誌』」菊地明 新人物往来社 2006年5月号、『日本の近世18 近代国家への志向』田中彰 編 中央公論社 1994年

見どころ
板目肌がやや肌立つ地鉄に砂流しがしきりにかかる互の目乱れ刃を焼き、反りを高めに棒樋を掻いて手持ちのバランスを考慮された実戦的な一振りです。

状態ヒケがあります。鍛え割れが裏に2箇所と樋中に数カ所あります。
*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地銀着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(兵庫県第45007号 昭和40年11月4日交付 、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H18.1.13)

【商品番号】A030417【価格】390,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.