Touken Komachi


*各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。





脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
初代 肥前忠吉
1st generation Hizen Tadayoshi

【銘文】(表)肥前國住人忠吉作 (裏)同國住人鑿鍯宗長
【寸法】刃長 46.0cm(1尺4寸6分5厘)、反り0.7 cm(3分8厘)、元幅 3.09cm、元重ね 0.58cm、目釘孔1 個、刀身重量 469g 、白鞘全長 64.5cm
【時代】江戸時代初期
【国】肥前

【特徴】鵜首造り、庵棟、棟のおろし急、身幅尋常、身幅の割に寸延びて、反りやや深くつく。生茎、鑢目浅い勝手下がり、目釘穴1、先栗尻。彫物は、腰元鎬地の櫃中に真の倶利伽羅を欄間透かし小板目肌よく詰み、小杢目交じり、地沸微塵に厚くつき、地景細かによく入り、鎬寄りに断続的な白けごころあり、区下に水影風がある。刃文は直ぐ調、浅く湾れ、小足入り、小沸つき、処どころ強く沸づき、喰違い・二重刃風を交え、匂口明るく冴える。帽子は浅く湾れてやや大丸風に返り、先掃き掛ける。

初代忠吉は、橋本新左衛門と称し、肥前鍋島家の刀工。慶長元年、初代忠吉は一門の彫物師 宗長とともに藩命により京に上り、埋忠明寿の門に入り、忠吉は鍛刀を宗長は彫技を学びます。同三年に佐賀へ戻り一門を集め、藩の庇護のもと大いに繁栄しました。元和十年(寛永元年)に再び上洛、武蔵大掾を受領し、藤原の姓を賜り銘を忠広と改め、同時に養子の土佐守に忠吉の名を譲り、寛永九年六十一歳で没。

初代忠吉の銘字は、肥前国忠吉と五字に切るものは「五字忠吉」、肥前国住人忠吉作と住人を入れ八字に切るものを「住人忠吉」と称し、受領後の武蔵大掾忠広銘とおよそ三様に大別されます。本作のような住人銘は慶長十八年が古く、元和頃までの作に切られています。

鞘書き : (表) 肥前國住人忠吉作  同國住人鑿鍯宗長 在銘 長サ壹尺四寸六分半有之
    (裏) 忠吉考所載 素長花

見どころ慶長18~19年頃の作と見られ、大和物の古作を写したような、地刃が古色を帯びて渋く味わいのある鵜首造りの脇差です。宗長による彫り物としては極めて稀有な欄間透かしが施され、よどみない線と肉置が美しく躍動感のある彫刻と、抜群の地鉄をした刀身とがよく調和しています。初代肥前忠吉は最上大業物としても認定されています。

状態良好です。表の銘字の「肥前」の部分が磨耗している点が惜しまれますが、「上身の出来が出色であり存分に補うものがある」と重要刀剣図譜に評価されています。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(大分県 第689号 昭和26年5月23日交付)、第四十五回重要刀剣証明書(日本美術刀剣保存協会 平成十一年十月二十九日指定)



【商品番号】A030715【価格】8,000,000円 (消費税・送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.