Touken Komachi






剣 白鞘入り 拵え付き
Katana, Shirasaya, Koshirae
無銘 (藤田繁栄)
Mumei (Fujita Shigehide)

【銘文】無銘

【寸法】刃長 37.9cm(1尺2寸5分0厘)、反り 0cm(なし)、元幅 2.50cm、元鎬重ね 0.74cm、茎長さ 13.8cm、目釘孔 1個、刀身重量 310.5g 、白鞘全長 58.0cm 、拵え全長63.5cm

【時代】江戸時代後期 寛政頃(1789~)

【国】丹波

特徴両鎬造、身幅・重ねともに頃合いでやや長寸となる姿形。生茎、鑢目大筋違、化粧鑢、先剣形、目釘穴1。地鉄はよく詰んだ小板目肌、小杢目交じり、地沸つく。刃文は中直刃、浅く湾れ、小足入り、匂口締まりごころ、小沸つき、ほつれ、喰違刃交じり、帽子は直ぐに焼詰めて先掃きかける。

藤田繁栄は、藤田東作郎と称し、手柄山正繁の弟。篠山青山家の鍛冶。文化初年没。「篠山住繁栄」、「藤田東作郎繁栄」、「丹波篠山住陸奥大掾繁栄」などと銘を切る。篠山(ささやま)は、現在の兵庫県多紀群篠山町、江戸期は篠山藩の城下町として栄えました。

金沃懸地塗鞘鳳凰図蒔絵金鍍金唐草花図金具飾剣拵

見どころ長寸の品格ある姿態に、地刃も明るく冴えて見事です。本作は前所有者の方がスウェーデンから持ち帰り、研磨を施した後長年大切に保管されていた御品です。江戸期の作と見られる王朝時代の名残を表した儀仗用の剣拵も珍しく、名家あるいは神社仏閣などに宝剣として伝えられてきた一口と考えられます。

状態剣の保存状態は良好です。拵えは、塗鞘の塗りの表面部分に亀裂が入り漆が剥落しているところがわずかにあります。鞘の金具の長飾が経年変化(固定していた麦漆の劣化)で動きますが、専門の塗師により麦漆を詰めて再度固定する修理が可能です。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵え、拵え袋、登録証(京都府 第44733号 昭和58年10月13日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H12.7.31発行)





【商品番号】A030815【価格】700,000円 (消費税・送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.