Touken Komachi





脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
兼房
Kanefusa
【銘文】表 : 兼房
【寸法】刃長 32.3cm(1尺0寸6分6厘)、反り0.6cm(1分9厘)、元幅 3.09cm、元重ね 0.60cm、目釘孔 2個(内1個埋)、刀身重量 230g 、白鞘全長 48.7cm
【時代】室町時代末期 永禄頃
【国】美濃
【特徴】平造、庵棟、身幅広く、重ね尋常、先反り付き、フクラ枯れる姿。生茎、鑢目檜垣、先浅い栗尻、目釘孔二個中一個埋。表に草の倶利伽羅龍を彫、裏は棒樋に添樋を掻き流す。地鉄は小杢目肌よくつみ、地沸つき白気映り立つ。刃文は、互の目丁子乱れ、出入り深く、足柔らかに長く向きを違えて射し、大模様となる。帽子は地蔵風、長めに返る。

鞘書 : 美濃國兼房 生中心在銘時代永禄之頃 佳品也 長サ壹尺六分有之 昭和癸丑歳弥生 誌之本阿弥日州(花押)

 兼房は美濃の鍛治で、初代は嘉吉頃で赤坂住、二代以降は関に住しました。室町時代から新刀期に渡り同名が数代有ります。「兼房乱れ」(けんぼうみだれ)という刃文を創始しました。

参考文献 : 『日本刀大鑑』本間薫山 佐藤寒山 大塚巧藝社 昭和44年、『新刀古刀大鑑 古刀篇』川口陟 歴史図書社 昭和47年

見どころ】先反りのつく平造小脇差の姿、小杢目の詰んだ鍛えの良い地鉄は白気映りが現れしっとりとして、足長く射す互の目丁子乱れの刃文は、花が開いていくときのような、次第に立ち上がってくるかのような優雅な趣があります。
昭和48年(1973)に、本阿弥日州氏(1908-1996)が研磨と鞘書をされ、今日まで大切に伝えられてきた一口です。本阿弥日州氏は、昭和50年(1975)に小野光敬氏とともに刀剣研磨の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されています。
                                                                        
状態良好です。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(香川県第14294号 昭和42年12月21日交付)、特別貴重刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 昭和51年11月6日発行)



【商品番号】A030917【価格】800,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.