Touken Komachi




脇差 拵入り
Wakizashi, Koshirae
横山祐包(初代)
1st generation, Yokoyama Sukekane
【銘文】表 : 備陽長船住横山祐包 裏 : 明治二年二月日友成五十八代孫
【寸法】刃長 30.4cm(1尺0寸0分3厘)、反り 0.3cm (9厘)、元幅 3.02cm、元重ね 0.76cm、目釘孔 2個、刀身重量 288g 、拵全長 45cm
【時代】明治2年(1869)
【国】備前
【特徴】平造、庵棟、身幅やや広く、重ね尋常、浅く反り付き、先幅を狭めてややフクラ枯れる姿。生茎、鑢目勝手下がり、先刃上がり栗尻、目釘孔二。地鉄は、小板目肌よくつみ、地沸つく。刃文は丁子乱れ、匂口明るく、足・葉入る。帽子は直ぐに小丸、長めに返る。

黒石目地塗青貝散鞘小さ刀拵 : 無文鐔(赤銅磨地)、枝垂梅図縁頭(素銅地)、菖蒲図目貫(素銅地)

 初代横山祐包は、俊左衛門と称し、初銘を俊吉と切る。横山祐盛の養子で、祐永の姉婿である。年紀銘から、天保六年頃から明治五年頃までの作があることが知られる。弟子に、のちに帝室技芸員となる宮本包則がいる。二代祐包は、明治三十年〜大正四年頃の年紀銘のある作を残しており、東京板橋陸軍造兵廠でも作刀している。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 平成15年

見どころ
明治時代初期頃に制作された生拵に入っています。光にかざすと匂口の柔らかな変化に富む丁子乱れ刃文が、平造りの姿によく映えます。
                                                                         
状態】刀身の物打ちあたりの刃先に目立つ錆が2箇所あり、他にもところどころ小錆があります。全体に液体を拭ったような跡があります。
【付属品】素銅地一重ハバキ、拵(小柄はなく、笄が付いています)、拵袋、登録証(岡山県 第126014号 平成二十九年四月拾四日交付)



虫の図の笄が付いています。

【商品番号】A040218【価格】120,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.