Touken Komachi






刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
法城寺橘正照
Hojoji Tachibana Masateru
【銘文】表 : (菊紋)法城寺越前守橘正照
【寸法】刃長 62.6cm(2尺0寸6分6厘)、反り 2.0cm(6分6厘)、元幅 3.05cm、元重ね 0.72cm、先幅 2.27cm、先重ね 0.45cm、目釘孔 1個、刀身重量 625.5g 、白鞘全長 89cm
【時代】江戸時代中期
【国】武蔵

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、きれいな反りがつき、中切先延びる。

 茎は、生茎、鑢目は筋違、先はやや丸みのある入山形、目釘孔一。

 地鉄は、小板目肌よくつみ、地沸微塵につき、地景入る。

 彫物は、表に二筋樋と梵字を彫り、裏に棒樋を掻いて丸止とする。

 刃文は、互の目乱れ、尖刃交じり、足入り、匂深く、小沸よくつき、砂流しかかり、匂口明るく冴える。

 帽子は、直ぐに小丸、先掃き掛ける。

【見どころ】法城寺正照は、正弘の門人で、江戸法城派の中でも上手な刀工として知られています。越前守を受領し、後に羽後秋田に移住しました。正照には、上総介兼重・助九郎兼常との三人の合作刀、上総介兼重・四代康次との三人の合作、また出雲大掾吉武との合作などがあることから、彼等の密接な関係性が窺えます。本作は地鉄が精良で、匂深く小沸よくつき、互の目乱が明るく冴え、彫物も見事に調和した作品です。一般に正照は、直刃が得意であったと考えられていますが、乱刃を焼いても上手であることが分かる点からも、本作は貴重な資料であると言えます。

【状態】
健体で、研磨、はばき、白鞘のいずれも良好です。
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(茨城県 第9号 昭和26年3月12日交付・再交付)喘喜堂正真鑑定書(柴田光男 昭和59年7月9日)特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成16年7月9日発行)

【商品番号】A040718【価格】800,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.