Touken Komachi





刀 白鞘入り 
Katana, Shirasaya
出羽大掾藤原國路と銘あり
Signed as Dewa Daijo Fujiwara Kunimichi
【銘文】銘 表 : 出羽大掾藤原國路
【寸法】刃長 65.6cm(2尺1寸6分5厘)、反り 0.8cm(2分6厘)、元幅 2.83cm、元重ね 0.58cm、先幅 2.24cm、先重ね 0.39cm、目釘孔 2個、刀身重量 588.5g 、白鞘全長 93cm
【時代】江戸時代前期

【特徴】姿は、鎬造、三ツ棟、身幅・重ね尋常、元先さほど幅差はつかず、反り浅く、中切先大きく延びる体配。

 茎は、磨上、鑢目大筋違、先切り、目釘孔二。

 地鉄は、板目肌、流れごころ、杢目交じり、やや肌立ち、地沸つく。腰元に流れ肌、大肌を交える。

 刃文は、小湾れに、大互の目、丁子、小互の目などが交じり、匂口深く、沸よくつき、金筋・砂流しかかり、飛焼き・棟焼きかかる。

 帽子は、湾れ込み、先掃き掛け、尖ごころに返る。

【見どころ】小板目肌、杢目を交えてやや肌立つ地鉄に、湾れに互の目や丁子刃を交え、沸よくつき、匂口沈みごころの刃文を焼いています。未鑑定の作品で、茎の銘字部分の朽込み具合から銘が判然とせず後銘の可能性も否定できませんが、出羽大掾國路の作域と合致しており、見所の多い作品です。画像でご覧いただくより、実際はもっと細かな肌立ちが感じられます。カメラで捉えにくい上品な研磨で、刃取が美しく地鉄が艶やかです
。出羽大掾國路は堀川国広の高弟の一人で、備前伝以外の各伝の作風を器用にこなし、長生きしたため二代説も存在します。三品風の帽子や、かつて「国道」との銘字を用いたことなどから三品一門との関係も推測されています。

【状態】
茎に朽込があり、棟と鎬地に鍛割れがところどころあります。研磨済みで、上の状態は良好です。
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(岡山県 第118863号 平成拾五年九月参日交付)



【商品番号】A040918【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.