Touken Komachi





太刀 白鞘入り 古白鞘付き  
Tachi, Shirasaya, Old shirasaya
助宗
Sukemune
【銘文】表 : 助宗
【寸法】刃長 69.69cm(2尺3寸0分0厘)、反り 2.4cm (8分0厘)、元幅 3.03cm、元重ね 0.60cm、先幅 1.46cm、先重 0.18cm、目釘孔 3個、刀身重量 608.5g 、白鞘全長 97.5cm
【時代】鎌倉時代前期
【国】不明
【特徴】鎬造、庵棟、腰反り高く、元先幅差つき踏ん張りがあり、小切先に結ぶ姿。生茎、鑢目は切り。茎尻は切り。目釘孔三。地鉄は小板目に杢交じり、地沸つき、乱れ映りが部分的に立つ。刃文は直刃調、小乱れや浅い湾れ刃が交じり、小足入り、小沸つく。焼き落としがある。帽子は浅く湾れ、先小丸にわずかに返る。

鞘書 表 : 備前一文字助宗 長弐尺参寸生中心在銘也、裏 : 代千五百貫 □□︎島津家□来 昭和拾六年辛巳皐月上浣 本阿弥光遜(花押)

 助宗は、康元(1256~)頃の備前の刀工で、則宗の子、後鳥羽院番鍛治(九月)の一人です。在銘の作は少なく、山形県米沢市の松岬神社の太刀と、東京国立博物館の太刀が有名です。大一文字と称される助宗は、華やかな大丁子乱れを焼くものとされ、無銘の極めものにはそのような作がある一方、在銘作は、小乱れに小丁子の交じる作風となります。平成十年に重要刀剣に指定された助宗在銘の太刀は、奈良県の伊豆尾八幡神社に御神宝として永く伝えられたもので、本作と茎の形状が類似しています。

 福永酔剣著『皇室・将軍家・大名家刀剣目録』(雄山閣)には、島津家伝来の助宗太刀の刃長は70.4cmと記載されています。銘の「助」の字の六画目は 、 松岬神社の太刀と東京国立博物館の太刀は角ばっているのに対し、本作は丸みを帯びています。佩表の目釘孔の上やや棟寄りに銘を切る点は、伊豆尾八幡神社の太刀を含め四口いずれも共通します。銘鑑には、鎌倉時代の助宗は備前以外になく、平安時代に遡れば、平治( 1159~ )頃の山城三条小鍛冶助宗が一人記載されています。

参考文献 : 『皇室・将軍家・大名家刀剣目録』福永酔剣著 雄山閣 平成9年、『日本の美術』広井雄一篇 第73号 至文堂 昭和47年、『後鳥羽院番鍛治考』佐藤寒山著 後鳥羽院番鍛治顕彰委員会 昭和49年、『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 平成15年

見どころ
腰反り高く古様な趣のある太刀です。
                                                                         
状態佩表の切先の横手上と物打ちあたりの鎬筋に浅い朽込み痕があります。やや刃が駆け出すところがあります。
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、古白鞘、古白鞘袋、登録証(群馬県 第一九二五号 昭和26年3月31日発行)特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十七年七月十四日発行)

【商品番号】A050218【価格】3,300,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.