Touken Komachi







脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
備州(以下切)(長船則光)
Bishu- (the following signature was lost by Suriage), attributed to Osafune Norimitsu
【銘文】表 : 備州(以下切)
【寸法】刃長 49.6cm(1尺6寸3分6厘)、反り 1.2cm(3分9厘)、元幅 2.89cm、元重ね 0.69cm、先幅 1.98cm、先重ね 0.47cm、目釘孔 1個、刀身重量 440g 、白鞘全長 74cm
【時代】室町時代後期
【国】備前
【特徴】鎬造り、庵棟、身幅・重ね尋常、先反りつき、中切先となる姿。表裏に棒樋を掻き、区よりやや下で角止めとする。茎は磨上げ、鑢目は(新)浅い勝手下がり(旧)勝手下がり、先栗尻、目釘孔二。地鉄は板目肌つみ、杢目交じり、地沸つき冴える。刃文は、直ぐ調、小互の目・小湾れ交じり、小足入り、わずかに小沸つき、匂口締まりごころに明るく冴える。帽子は、浅く乱れ込んで丸く返り、先細かに掃き掛ける。

 則光には、鎌倉時代から室町時代末期の天正・文禄頃に及び、同名が十数代あるとされます。長光門と伝えられる初代則光の作は、嘉元三(1305)年の短刀が現存しているものの、以降の作例は僅少となり、室町初期の応永頃から復活しています。「応永備前、寛正則光、永正祐定」という、室町時代における備前物の良作の呼称が伝えられ、応永備前に続き寛正前後の則光に出色の出来のものが見られることが知られています。本作は室町時代後期の則光の作と見られます。

参考文献 : 『新版日本刀講座4 古刀鑑定編(下)』本間薫山・佐藤寒山 監修 雄山閣 平成9、『第二十六回 重要刀剣図譜』「太刀 銘 則光」昭和五十四年 日本美術刀剣保存協会、『第四十三回 重要刀剣図譜』「太刀 銘 備州長船則光 享徳二年八月日」平成九年 日本美術刀剣保存協会

見どころ
板目に杢が交じり肌目が顕著にあらわれた鍛えの良い地鉄に、直ぐ調小乱れの刃文を焼いて地刃に冴えのある一口です。

状態刀身の物打ち辺りの刃先、刃中、棟にわずかに小錆があります。
*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(愛知県 第21494号 昭和卅四年四月拾五日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H18.1.13)特別貴重刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会S46.9.19 : 忠光との極め)

【商品番号】A050517【価格】380,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.