Touken Komachi


*各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。




脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
無銘(末関)
no signature, sue- seki
【銘文】無銘
【寸法】刃長 40.80cm(1尺3寸4分6厘)、反り1.20cm(3分9厘)、元幅 3.15cm、元重ね 0.61cm、目釘孔 2個、刀身重量 315.5g 、白鞘全長 64cm
【時代】室町時代末期
【国】美濃
【特徴】平造り、庵棟、身幅広め、重ね尋常、先反りのつく小脇差の姿。生茎、鑢目檜垣、先栗尻、目釘穴2個。地鉄は板目肌、杢目交じり、棟寄りは流れて柾がかり、地沸つき、白け映り立つ。刃文は尖り互の目乱れ、沸よくつき、砂流しかかる。帽子は、乱れ込み先丸く深く返る。

見どころ互の目が二つ連れ尖り刃を一つ焼く二本杉のパターンを繰り返し、高低差のある刃文を焼いています。棟寄りにかけて柾がかる地鉄は白け映りがたち色調に柔らかみのある明るい鍛えを見せていることも特徴です。三本杉の刃文で知られる孫六兼元系の作刀技法を踏まえた室町時代末期の関鍛冶の作品と見られます。身幅広めで程よく反りがつき、軽快な手持ち感が魅力の小脇差です。

状態裏の切先付近に点状の小錆が3箇所あります。表の棟区上10cmから15cmほどの棟近くの平地に、浅い鍛え割れがあります。裏の区上3cmから5cmほどの棟近くの平地と、区上2cmほどの棟にわずかな鍛え割れがあります。古研ぎです。
*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(東京第190269号 昭和四拾九年拾壱月七日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 昭和六十三年四月二十七日発行)

【商品番号】A050916【価格】150,000円 →130,000円 値下げしました!(消費税、国内送料込み)
image  

ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.