Touken Komachi






刀 白鞘入
Katana, Shirasaya
藤原氏房
Fujiwara Ujifusa
【銘文】表 : 藤原氏房(以下切)
【寸法】刃長 68.9cm(2尺2寸7分3厘)、反り 1.6cm(5分2厘)、元幅 3.13cm、元重ね 0.66cm、先幅 2.13cm、先重ね 0.43cm、目釘孔 2個、刀身重量 697g、白鞘全長 96.5cm
【時代】江戸時代前期
国】美濃または尾張あたりか (国不明)

【特徴】姿は、鎬造り、庵棟、身幅・重ね尋常、鎬高く、反りやや高く、中切先延びる。

 磨上茎、先切り、鑢目(旧)筋違、(新)切り、目釘孔一。

 地鉄は、板目肌、やや肌立ち、小杢目交じり、地沸つく


 刃文は、小湾れに、互の目や丁子風の刃を交え、足・葉入り、沸つき、砂流しかかる。

 帽子は、直ぐに小丸、先掃き掛けて長く返る。

【見どころ】銘文の上部(おそらく受領名)が、何らかの理由により、銘文の厚みを削って入念に整然と取り除かれています。仕えた主への忖度など何か政治的な理由があったかもしれません。そのため、数名存在する藤原氏房のどの刀工の作品かが判然としないのですが、板目鍛えの地鉄に自然で熟練の趣のある乱れ刃を焼いて、出来優れた一振りであることは確かです。江戸時代、新刀期の作とみられますが、覇気ある力強さがあります。磨上げた当時の持ち主は、この刀を何としても所持・帯刀しようしたことが茎の形状から窺われます。実用の道具として帯刀する必要のあった当時としては、その出来に鑑みて納得できる行為といえましょう

【状態】
良好です。
【付属品】紗綾形文銀一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(青森県 第6048号 昭和卅参年六月廿五日再発行)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成30年8月20日発行)

【商品番号】A060119【価格】480,000円(消費税・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.