Touken Komachi







脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
紀新太夫末河内守源行平
Kishindayu matsu Kawachi no kami Minamoto no Yukihira
【銘文】表 : 紀新太夫末河内守源行平
【寸法】刃長 54.1cm(1尺7寸8分5厘)、反り 0.7cm(2分3厘)、元幅 3.05cm、元重ね 0.64cm、先幅 2.13cm、先重ね 0.49cm、目釘孔 1個、刀身重量 514g 、白鞘全長 80.3cm
【時代】江戸時代 延宝頃
【国】豊後

【特徴】鎬造、庵棟、身幅広め、元先やや幅差つき、重ね尋常、反り浅くつき、中切先となる体配。生茎、鑢目切り、先刃上がり栗尻、目釘孔1個。地鉄は、小板目肌よく詰み、小杢目交じり、地沸細かにつく。刃文は互の目乱れ、尖りごころの刃交じり、匂深く、足入り、小沸よくつき、飛焼き・湯走りかかり、細かな金筋・砂流しかかる。帽子は直ぐに小丸に返る。

 河内守源行平は、松葉本行の前銘です。「高田河内守源行平作之」、「豊後国高田住河内守源行平」、「紀新太夫末河内守源行平作」、「高田かわちの守本行作之於肥前唐津梅豆羅郷玉島川淬之」、「肥前州上松浦郡唐津河内守源本行作」、「豊後太郎本行七十余才作」(享保12年)、「豊後太郎本行八十三歳作」等と銘を切ります。年紀には、天和五、貞享四・五、元禄五・十一・享保十二等があります。初銘は行春で、紀新太夫行平の末裔と称し、のち行平と改め、延宝年間に肥前唐津に移住し以後この地で三代まで栄えます。(四代目より業を医師に変えたと『古今鍛治備考』は伝えています。)初代行平は後年、武蔵江戸に来て麻布鷹番に居住し、本阿弥家より「本」の字を授かり本行と改名、その頃相州鎌倉へ通い綱廣の門で鍛法を学んで唐津に戻り、晩年は豊後太郎と唱えます。銘字の「本」を松葉の如く切ることから、世に松葉本行と称されています。

参考文献 : 『日本刀名鑑』石井昌國著 本間薫山校閲 雄山閣 2003年、『犬養木堂注記本 古今鍛治備考 全』山田浅右衞門編著 福永酔剣解説 雄山閣 昭和50年

見どころ
細やかな沸よくつき匂口のふっくらとした明るい躍動感のある刃文が特徴的な一振りです。

状態古研ぎで全体的に曇り、薄錆、ヒケがあります。光にかざしてみると、現状でも刃文がよく見えます。研磨のご相談も承ります。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(東京都 第132783号 平成弐拾七年八月拾五日再交付)、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H28.7.21発行)

【商品番号】A060217【価格】290,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.