Touken Komachi





脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
近江守継広
Omi no kami Tsuguhiro
【銘文】表 : 近江守藤原継廣
【寸法】刃長 52.41cm(1尺7寸3分0厘)、反り 1.5cm (5分0厘)、元幅 3.11cm、元重ね 0.68cm、先幅 2.09cm、先重ね 0.43cm、目釘孔 1個、刀身重量 511g 、白鞘全長 73.2cm
【時代】江戸時代中期
【国】越前
【特徴】鎬造、庵棟、身幅尋常、重ね厚め、反り頃合いにつき、中切先延びる。生茎、鑢目筋違、先入山形、目釘孔一、差表目釘孔下より棟寄りに長銘を切る。地鉄は、小板目肌つみ、地沸つく。刃文は浅い湾れ、小沸つき、微細な砂流しかかり、刃縁にほつれごころがある。帽子は僅かに湾れて小丸に返り、先少しく掃き掛ける。

 近江守継広は、越前下坂派の刀工で、江州膳所や江戸でも作刀した寛文頃の初代と、元禄頃の二代があります。新刀期に入ると、越前国では刀工数が増え、康継をはじめとする近江から移住した下坂派の刀工や、兼法・兼則など美濃から移住した刀工たちが栄えました。

 近江守継広については、三代康継の門人とする説(『刀工大鑑』)があります。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 平成15年、『日本刀全集・4』〔新刀〕広井雄一 徳間書店 昭和55年、『刀工大鑑』得能一男 光芸出版 昭和55年

見どころ
派手さはありませんが、小沸つく刃縁の輝きが深く、見れば見るほど味わいが感じられる一口です。
                                                                         
状態古研ぎですが、現状でも保存と鑑賞は可能です。 研磨で魅力がぐんと増すと考えられますが、研磨後もわずかに跡が残りそうな点状の小錆が、表側の鎬地と棟の境目の稜線に2箇所があります。
【付属品】素銅地金鍍金一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(大阪府 第七,一四四号 昭和廿六年七月廿四日発行 *昭和26年登録のいわゆる「大名登録」)、保存刀剣鑑定書(平成29年2月2日発行)

【商品番号】A060418【価格】250,000円 → 200,000円 (消費税込・国内送料込み) 値下げしました!


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.