Touken Komachi






脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
七兵衛尉祐定
Shichibe-e-no- jo Sukesada
【銘文】表 : 備前國住長船七兵衛尉祐定
【寸法】刃長 52.44cm(1尺7寸3分1厘)、反り 0.93cm (3分1厘)、元幅 3.13cm、元重ね 0.73cm、先幅 2.20cm、先重ね 0.42cm、目釘孔 1個、刀身重量 598g 、白鞘全長 76cm
【時代】江戸時代前期
【国】備前

【特徴】姿は、鎬造、庵棟身幅広く、重ね厚め、先反りつき、元先やや幅差つき、中切先詰まりごころにフクラつく。

 茎は、生茎、鑢目浅い勝手下がり、先栗尻、目釘孔一。

 地鉄は、小板目肌つみ、地沸つく。

 刃文は、大湾れ、互の目や丁子が交じる乱れを下半に交え、小足・葉入り、小沸つき、匂口締まりごころに冴え、鎬地と棟をところどころ焼く。

 帽子は、直ぐに小丸、乱れて深く返る。


【見どころ】七兵衛尉祐定は、永正頃の与三左衛門尉祐定を祖として5代目にあたり、天正5年(1577)、藤四郎祐定の長男として誕生しました。備前新刀の初代で、吉井川の氾濫後に備前刀を再興した開拓者です。長命で、現存作の最も古い「元和二年八月日」(1616)の年紀に続き、寛永、正保、承応、寛文、宝永などの年紀作があり、延宝2年(1674)6月、98歳で没しました。子に上野大掾祐定、弟に源左衛門尉祐定や宗左衛門尉祐定らがいます。晩年は子の上野大掾祐定の代作があると考えられますが、80歳近くまでは旺盛に作刀したと見られます。備前新刀の第一人者と讃えられる七兵衛尉祐定の、刃文構成が面白く刃中よく働く優れた作品です。

【状態】
古研ぎですが、健体で、現状のまま保存と鑑賞が可能です。
【付属品】素銅地金鍍金一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(島根県 第59号 昭和26年3月13日発行)特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成15年6月13日発行)

【商品番号】A060618【価格】650,000円(消費税・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.