Touken Komachi






刀 拵入り
Katana, Koshirae
廣次(山城守歳長前銘)
Hirotsugu, previous signature of Yamashiro no kami Toshinaga
【銘文】洛陽住藤原廣次
【寸法】刃長 62.1cm(2尺0寸4分9厘)、反り1.2cm(3分9厘)、元幅 3.09cm、元重ね 0.70cm、先幅 1.93cm、先重0.44cm、目釘孔 1個、刀身重量 652g 、拵全長 91cm
【時代】江戸時代前期
【国】山城
【特徴】鎬造、庵棟、元幅やや広く、元先幅差つき、鎬高く、反り頃合いにつき、中切先となる姿。生茎、鑢目筋違、先入山形、目釘孔一。地鉄は小板目肌流れごころ、地沸つく。刃文は、互の目に小湾れや尖り刃を交え、刃縁ほつれ、足入り、ところどころよく沸付き、砂流し、湯走り、飛焼きかかる。帽子は直ぐに小丸先掃き掛けて長めに返る。

黒石目地塗鞘半太刀拵 : 唐草文図四方猪目透太刀型鐔(鉄地 金布目象嵌)、武者図目貫(銅地容彫金色絵)、兜金・縁・鯉口・責金・石突一作桜花図金具(鉄地 金色絵)、黒糸諸撮巻柄

廣次は、山城守歳長の前銘です。弟に陸奥守歳長がいます。本国は阿波徳島で、後に京に移り一条堀川や御池猪熊に住し、寛文頃に作刀しました。左近、儀左衛門とも称します。居住地や作風から、堀川系の刀工に師事したと考えられます。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 2003、『新刀大鑑 巻之一』飯村嘉章 刀剣美術工芸社 昭和51 

見どころ
地鉄に潤いがあり、沸の働きが多様な変化を見せる一口です。咲き誇る桜花図を彫り描いた鉄地の揃金具が用いられた堅牢な作りの拵に入っています。

状態鎬地、棟、平地、刃先などに、ところどころ小錆、薄錆、ヒケがあり、刀身裏中程よりやや上方の鎬地に錆痕の小傷があり、表下半の地鉄にやや荒れたところがあります。
【付属品】素銅地金鍍金二重ハバキ、拵、拵袋、登録証(大阪府 第15086号 昭和廿九年七月廿日交付/平成弐拾八年七月拾弐日再交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十九年二月二日発行)


【商品番号】A060717【価格】450,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.