Touken Komachi





刀 塗鞘入り
Katana, Nurizaya
無銘(兼春)
Mumei, attributed to Kaneharu
【銘文】無銘
【寸法】刃長 62.0cm(2尺0寸4分6厘)、反り 1.5cm(4分9厘)、元幅 2.83cm、元重ね 0.69cm、先幅 1.78cm、先重ね 0.36cm、目釘孔 2個、刀身重量 612.5g 、塗鞘全長 88.4cm
【時代】室町時代後期 弘治頃
【国】美濃

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、先反りつき、中切先延びる姿。磨上、鑢目勝手下がり、先切り、目釘孔二。地鉄は、板目肌練れ、流れ肌交じり、地沸つき、白気映り立つ。刃文は、互の目乱れ、尖り刃や小湾れを交え、足・葉入り、物打ち辺りにしきりに砂流しかかる。帽子は乱れごころに返る。

兼春は濃州関の刀工で、弘治頃作刀しました。『日本刀銘鑑』では三阿弥派としていますが、『新刀古刀大鑑』では系統不明としています。三阿弥派は、兼友の子兼則の法名を三阿弥と称し、この一流の祖する一派で、兼家・行満・兼守・兼清・兼時他、多くの刀工がこの系統に連なります。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』本間薫山校閲 石井正國著 雄山閣 2003年、『新刀古刀大鑑』川口陟 歴史図書社 昭和47年、『日本刀講座 第二巻鑑定編』本間順治 雄山閣 昭和12年

見どころ】磨上げで先反りつき中切先が延びる姿、板目流れの地鉄鍛えに、焼き低めで匂口締まりごころに尖り刃交じる互の目乱れ刃文が、さまざまな変化を見せて冴える一振りです。

状態棟に数カ所わずかなしなえがあります。

【付属品】素銅地一重ハバキ、塗鞘、塗鞘袋、登録証(岐阜県 第82133号 平成弐拾六年八月弐拾五日交付)、正真鑑定書(刀剣保存会 平成二十九年七月十六日発行)




【商品番号】A060917【価格】180,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.