Touken Komachi





脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
下坂貞次
Shimosaka Sadatsugu
【銘文】表 : 越前国下坂貞次
【寸法】刃長 39.4cm(1尺3寸0分)、反り0.75cm(2分5厘)、元幅 3.14cm、元重ね 0.53cm、目釘孔 壱個、刀身重量 448g 、白鞘全長 62cm
【時代】江戸時代前期
【国】越前

【特徴】菖蒲造、庵棟。身幅広め、重ね尋常、鎬高く、反りつき、切先ふくらつく姿となる。生茎、鑢目勝手下がり、先入山形、目釘穴1。地鉄は板目肌、流れごころ、杢交じり、地沸つき地景入る。刃文は、丁子乱れに互の目交じり、足長くさかんに入り、匂口沈みごころに沸よく付き、砂流しかかり、金筋入り、上は小湾れほつれて沸づく。帽子は表は小乱れ裏は直ぐで先小丸にやや長く返る。

下坂貞次は、日向大掾と日向守を受領し寛永頃に活躍した初代と、寛文頃の二代以下、数代あるとされます。福井県坂井郡丸岡町豊原に住しました。徳川将軍家の抱え工となった康継家と同じく近江から越前に移住した下坂派の名工として知られています。初代康継と同様の「重胴及度々末世劔是也」の添銘に加え、初代康継の下坂銘に初代貞次の銘振りが近似することなどから、初代康継の有力な側近の一人であったと考えられています。また、貞次には、越前家の附家老であった本多飛騨守成重の紋所である立葵紋を切る作があり、初代康継の作刀に同じ紋と成重所持の銘文が見られることから、「ともに成重ご贔屓の刀工であったと思われる」と『寒山刀剣講座 第四巻 諸国鍛冶(二)篇』に記されています。本多成重は、越前丸岡四万三千石の城主で、成重の父は本田作左衛門、いわゆる鬼作左と謳われた剛勇無双の剣豪です。

初代 銘・年紀 : 「越前国下坂貞次」「於越前豊原下坂日向大掾貞次」「越前国日向大掾下坂貞次」「越前於豊原日向大掾藤原貞次作是」「日向守貞次」、寛永五、八など。
二代 銘・年紀 : 「越前国下坂貞次」「越前住日向守藤原貞次」「日向守貞次」「越前豊原住日向守藤原貞次以地鉄研合伏鍛之」、寛文十など。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井正國 本間薫山 (雄山閣 平成12年)、『刀剣のみかた 技術と流派』広井雄一 (第一法規出版株式会社 昭和63年)、『寒山刀剣講座 第四巻 諸国鍛冶(二)篇』刀和会 広井雄一 (大塚巧藝社 昭和56年)、『新刀古刀大鑑 新刀之部』川口陟 (歴史図書社 昭和47年)、『刀剣百科年表』飯田一雄 (刀剣春秋新聞社 昭和46年)、『第三十四回重要刀剣図譜』(日本美術刀剣保存協会 昭和63年)

見どころ身幅広く、堂々とした風格ある姿の小脇差です。片角口となる鯉口の角を外すと、入れ子鞘を取り出して鞘内部の状態を確認することができます。上質な入れ子鞘と上貝金無垢のハバキから、特別な御刀として保存されてきたことが伺われます。

昭和25年に制定された、銃砲刀剣類等所持取締令第七条第一項に規定する火縄銃式火器及び刀剣類の登録に関する総則(文化財保護委員会規則第六号)は、昭和33年に銃砲刀剣類登録規則(文化財保護委員会規則第一号)として改定され、合わせて登録証の発行元が文化財保護委員会から、各都道府県の教育委員会に変わります。本登録証は、文化財保護委員会発行の福井県第87号と登録番号が古く、早期に登録されています。

状態刀身にわずかな小錆と目立たないヒケがありますが、鑑賞を妨げるほどのものではなく、良好な状態です。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】上貝金無垢下貝銀地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(福井県第87号 昭和二十六年四月二日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十四年八月十三日発行)

【商品番号】A061016【価格】550,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.