Touken Komachi







刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘 (荒木清重)
Mumei, attributed to Araki Kiyoshige
【銘文】無銘
【寸法】刃長 71.9cm(2尺3寸7分2厘)、反り 1.1cm(3分6厘)、元幅 3.13cm、元重ね 0.73cm、先幅 2.40cm、先重ね 0.67cm、目釘孔 1個、刀身重量 941g 、白鞘全長 101cm
【時代】江戸時代末期
【国】上野
【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚め、反り浅く、先幅さほど落ちず、大切先となる豪壮な姿。茎は磨上げ、鑢目筋違、先栗尻、目釘孔一。地鉄は、板目肌流れごころ、地沸強くつき、地景入る。刃文は、沸出来、互の目乱れ、湾れを交え、足入り、荒沸つき、砂流しかかり、飛び焼き入り、棟を焼く。帽子は、直ぐにやや沸崩れて小丸、先掃き掛けて長く返る。

荒木清重は、荒木直江と称し、天保十一年、高崎在京ヶ島村島野に生まれました。山浦一門の斎藤清人に学び、摂津守を受領、駿府御用工としても活躍しました。年紀銘には、元治元、慶応元・二・三・四、明治四、明治三十九・四十一などを切る作があります。廃刀令後は、故郷に帰り野鍛治となりますが、日清・日露戦時には作刀の需めに応え「躍如として」(上州刀工総覧)作刀したと伝えられます。大正八年七月十五日没、享年八十歳。

参考文献 : 『上州刀工総覧 附 出品刀図録』財団法人日本美術刀剣保存協会高崎支部 昭和56、『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 2003

見どころ
表裏共に一つ大きく焼き込む刃があり、抑揚のある互の目に湾れ交じりの沸出来の刃文構成となっています。地鉄は板目流れの肌となりますが、刃寄り・刃肌に柾目が見て取れ、大和伝の作域を得意とした清重の特徴が現れています。磨り上げてなお、ずっしりとした手持ち感のある豪壮な一振りで、目釘穴の位置が常より下方にある点が謎に包まれています。

状態】裏ハバキ元に小錆があります。白鞘は、袋に「合口アマイ注意」と書いてありますが、実際はアマイということはなく、どちらかといえば締まりごころで、現状での保管に問題はないです。
*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】銀地金鍍金二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(福岡第97965号 平成拾弐年壱月廿日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H17.4.8)

【商品番号】A070517【価格】590,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.