Touken Komachi






脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
二代 近江守忠綱
Omi no kami Tadatsuna, 2nd generation
【銘文】粟田口近江守忠綱
【寸法】刃長 48.8cm(1尺6寸1寸0厘)、反り 1.1cm(3分6厘)、元幅 3.06cm、元重ね 0.71cm、先幅 2.03cm、先重ね 0.47cm、目釘孔 1個、刀身重量 490g 、白鞘全長 70.5cm
【時代】江戸時代中期
【国】摂津
【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、元先にやや幅差つき、綺麗な反りがつき、中切先となる姿。生茎、鑢目筋違に化粧鑢、先刃上がり栗尻、目釘孔一。地鉄は、小板目肌よくつみ、地沸微塵につく。刃文は直ぐに焼出し、頭の揃った丁子乱れに互のめを交え、足長く入り、小沸つき、金線・砂流しかかり、匂口明るい。帽子は直ぐに小丸わずかに掃き掛け、長めに返る。

本作は、二代粟田口近江守忠綱の初期の作です。二代忠綱は、浅井氏、初代粟田口近江守忠綱の子で、初名は忠国、通称万太夫、号を一竿子と称し、大坂常盤町に住しました。刀身彫刻の上手としても名高く、江戸時代中期の大坂における元禄文化を体現した刀工として知られています。姫路の射楯兵主神社に「粟田口近江守忠綱嫡子 摂津住藤原忠国十九歳作之 奉納宝劔 寛文貮年壬寅二月吉日」銘の剣が現存することから、正保元年(1644)生まれであることが分かります。

参考文献 : 『寒山刀剣講座 第二巻 大坂鍛治・諸国鍛治(一)編』刀和会 昭和60、『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 2003  

見どころ】本作は一竿子と銘に切るようになる元禄二年(1689)以前の作で、初代近江守忠綱の作風を踏襲した丁子乱れで、いっそう匂深く冴えた匂口を呈したところに独自の作風をみせ、地鉄鍛えも精良で見事な作です。


状態 ところどころ細かなヒケ、刃先と棟に小錆がごくわずかにあります。
【付属品】素銅地金着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(群馬県 第28422号 昭和45年2月6日交付)、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十六年七月九日発行)

【商品番号】A070717【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.