Touken Komachi







脇差 白鞘入り 拵付き
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
駿河守國正
Suruga no kami Kunimasa
【銘文】表 : 駿河守國正
【寸法】刃長 49.6cm(1尺6寸3分)、反り 1.0cm(3分3厘)、元幅 2.95cm、元重ね 0.69cm、先幅 1.74cm、先重ね 0.37cm、目釘孔 1個、刀身重量 412g 、白鞘全長 71.3cm 、拵全長 69.5cm
【時代】江戸時代 寛文頃
【国】伊予

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、元先幅差つき、反り浅く、中切先延びる姿。生茎、鑢目筋違、先栗尻、目釘孔一。地鉄は、板目肌よくつみ刃寄り流れて、地沸厚くつく。刃文は直ぐに長く焼き出す互の目乱れ、小湾れを交え、沸よくつき、細かな砂流し入り、湯走りかかる。帽子は直ぐに小丸に返る。

黒石目地塗鞘脇差拵 : 牡丹獅子図鐔(素銅地高彫)、牡丹図縁頭(素銅魚々子地高彫)、群馬図小柄(素銅地金銀色絵)、牛図目貫(赤銅容彫)

江戸安定の門、あるいは法城寺正弘の子または門で宇和島に住したと伝えられます。「西本市右衛門尉藤原國正」、「駿河守藤原國正」等と銘を切り、万治四年、寛文二・三等の年紀銘があります。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』本間薫山校閲 石井正國著 雄山閣 2003年

見どころ】元先の幅差と重ねの差がつき、手元に重心が来る手持ち感で、よくつむ小板目の地鉄は白けが斑らにかかる変わり鉄が流れるようにして混じり一風変わっています。

状態刃切れが1箇所あります。刃区にわずかな欠けがあります。

【付属品】素銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、柄袋、登録証(愛媛県 第17844号 昭和42年4月12日交付)、 正真鑑定書(日本刀剣保存会 平成二十九年七月十六日発行)




【商品番号】A070917【価格】50,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.