Touken Komachi






脇差 白鞘入り 拵付き 
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
兼常
Kanetsune
【銘文】兼常
【寸法】刃長 57.8cm(1尺9寸0分)、反り 1.5cm (4分9厘)、元幅 2.94cm、元重ね 0.57cm、先幅 2.04cm、先重ね 0.48cm目釘孔 1個、刀身重量 532.5g 、白鞘全長 82.7cm、拵全長 97.5cm
【時代】室町時代末期
【国】美濃
【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね共に尋常、鎬筋高く、先反りつき、中切先となる姿。生茎、鑢目鷹の羽、先栗尻、目釘孔一。地鉄は、小板目肌、やや肌立ち、小杢目を交え、地沸よくつき、乱れ映り立ち、鎬地は柾目となる。刃文は、大互の目乱れ、足入り、細かな砂流しかかる。帽子は浅い湾れを交え、先掃き掛けて地蔵風。

黒蝋色塗鞘打刀拵 : 桐紋散鐔(赤銅魚々子地木瓜型)、秋草虫図目貫(赤銅容彫)
、秋草鹿図縁頭(赤銅魚々子地)

 兼常は、和州手掻包永の末といい、応永頃から室町時代を通して繁栄しただけでなく、新刀期にかけて各地に移住したことから美濃伝が新刀全般に大きな影響を与える実質的な役割を果たし、刀剣史上における重要な刀工群であると言える。
『新版 日本刀講座 三』は、美濃鍛治の系譜を説明する『関鍛治七流略記』からの引用が『濃飛両国通史』にあることを紹介し、以下のように抜粋している。

 ------金重は(中略)敦賀清泉寺の僧なりとも伝ふ、兼氏と同じ頃関に住して関鍛治の祖となれり。その子金行また聞ゆ、(中略)女子一人あり南都手掻の鍛工包永兼次郎を聟養子となす、包永関に来たりて兼永と銘す。兼永の子兼光より子孫分かれて関鍛治七流となる。
即ち善定兼吉、三阿弥兼高、奈良兼常、得印兼久、徳永兼宣、良賢兼舟、室屋兼在是なり。

 ------○奈良 兼則が孫に兼常あり、その流又千手院と銘す、八代兼常初右衛門元亀二年織田信長より鍛治職諸役御免の朱印状を給ふ、天正中関に千手院を中興し今曹洞宗に属して現存す


 2017年、京都国立博物館で開催された展覧会『特別展示 名刀聚英 永藤一の愛刀』では、應安二年三月日の年紀銘のある金重の短刀が「関鍛治研究の根本となる重要作品」として紹介された。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 平成15年、『新版 日本刀講座 三』 本間薫山・佐藤寒山監修 雄山閣 平成9年、図録『特別展示 名刀聚英 永藤一の愛刀』京都国立博物館 平成29年

見どころ
実戦に即し操作性を探求した短めの片手打ちの姿で、戦国時代の気風を反映した武士の持ち物の一つの完成形と言え、健全さを保つ貴重な一口です。「茎尻から1寸余り上の部分で、古い時代に控え穴を埋めた形跡があるものの、近似した鉄で念入りに埋め、鑢目と地錆まで復元してある為、登録証では目釘穴として数えていない」とは、旧所蔵者様よりご教示いただきました面白い指摘で、茎先より3~ 4cm上の刃方寄りに控え目釘孔の埋跡を見ることができます。帯刀した江戸時代に実際用いられたものと見られる鞘の長い拵が付けられています。
                                                                         
状態】刀身は研磨済みで、傷気もなく健全良好です。拵は、塗鞘に当たり傷や擦れがあり、栗形の付け根のひびなど経年変化も見られますが、時代を経た塗りの深みのある色合いを呈しています。柄は近年巻き直され状態は良好です。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(東京都 第295563号 平成八年八月拾五日発行)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成十九年五月一日発行)



【商品番号】A080118【価格】380,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.