Touken Komachi






脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
武蔵大掾藤原是一
Musashi Daijyo Fujiwara Korekazu
【銘文】武蔵大掾藤原是一
【寸法】刃長 48.17cm(1尺5寸9分0厘)、反り 0.61cm(3分2厘)、元幅 2.98cm、元重ね 0.70cm、先幅 2.02cm、先重ね 0.43cm、目釘孔 2個、刀身重量 471g 、白鞘全長 71.5cm
【時代】江戸時代中期
【国】武蔵
【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、反り浅めにつき、中切先となる姿。生茎、わずかに区送り、鑢目筋違、先浅い栗尻、目釘孔二。地鉄は、板目肌、鎬寄り総体に強く流れて柾がかり、乱れ映り立つ。刃文は、丁子乱れ、小互の目交じり、足・葉しきりに入り、匂口締まりごころに、逆がかり、小沸つく。帽子は、わずかに乱れ込み直ぐに小丸、先掃き掛ける。

武蔵大掾是一は、川上左近と称し近江蒲生郡に生まれ、後に江戸に移り江戸石堂派の祖となり、日置光平や対馬守常光らとともに江戸石堂派の名を高めた刀工です。古作一文字に倣い、丁子乱れの刃文を焼いて上手です。「石堂左近是一」、「川上左近是一」、「武蔵大掾藤原是一」、「是一作」などと銘を切ります。万治・寛文頃に作刀しています。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 2003  

見どころ
姿がよく整い、板目が柾状に強く流れる鍛え肌に刀身裏の物打ちあたりは乱れ映りが顕著に立ち、匂口の締まった逆がかる丁子乱れ刃文を焼いて武蔵大掾是一の特徴がよく現れ、見応えのある一振りです。

状態 刀身裏区上7cmほどの平地に、1cmほどごく浅く縦割れ状に見えるところがあります。
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(愛知県 第13,969号 昭和28年8月11日交付)、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十九年二月二日発行)

【商品番号】A080717【価格】480,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.