Touken Komachi





刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
川島忠善(二代)
KAWASHIMA Tadayoshi , 2nd generation
【銘文】表 : 雲州住忠善造之 裏 : 昭和四十七年仲秋日
【寸法】刃長 75.1cm(2尺4寸7分8厘)、反り 2.4cm(7分9厘)、元幅 3.53cm、元重ね 0.78cm、先幅 2.52cm、先重ね 0.54cm、目釘孔 1個、刀身重量 974.5g 、白鞘全長 104cm
【時代】昭和47年
【都道府県】島根県

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚め、反り深めにつき、中切先となる。

 茎は、生茎、鑢目は筋違に化粧鑢つき、先は栗
、目釘孔一。

 地鉄は、小板目肌よくつみ、刃寄りに流れごころを交え、地沸微塵につく。

 刃文は、丁子乱れ、互の目・小互の目・尖刃交じり、焼頭に粒状の飛焼きが入り、足・葉入り、匂
明るく冴える。

 帽子は、浅く湾れ込み、先尖りごころに小丸に返る。

【見どころ】二代川島忠善は川島真といい、初代忠善(善左衛門)の子、大正12年生まれ、島根県仁多郡仁多町に住した刀工です。昭和13年から父につき修業し、戦時中刀匠協会展金銀牌を受賞、戦後は、作刀技術発表会で数多く受賞し、昭和41年5月島根県の無形文化財に認定されました。昭和47年に、新作名刀展無鑑となり、本作はこの年の秋に作られた一振りです。砂鉄からの製鋼法を研究し、長光を理想として古刀に近づくことを目標に作刀したと伝えられます。堂々とした姿に華やかな丁子乱れを焼いて、焼頭に小沸や粒状の細かな飛焼きが所々入るのが特徴的です。

【状態】
古研ぎで薄錆がありますが、健体で生刃があります。
【付属品】銀一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(島根県 第20089号 昭和48年2月3日交付)

【商品番号】A080718【価格】480,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.