Touken Komachi


*各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。




脇差 拵入り
Wakizashi, Koshirae
肥前国忠吉(後代)
Hizen no kuni Tadayoshi, later generation
【銘文】(表)肥前国忠吉
【寸法】刃長 46.60cm(1尺5寸3分7厘)、反り1.0cm(3分3厘)、元幅 2.97cm、元重ね 0.75cm、先幅 2.21cm、先重ね 0.45cm、目釘孔 一個、刀身重量 506.5g 、拵全長 cm
【時代】江戸時代後期
【国】肥前

【特徴】鎬造り、庵棟、身幅尋常、重ね厚め、鎬をやや高めて、中反りつき、中切先延びる姿。生茎、鑢目切り、先入山形、目釘孔1個。地鉄は小板目肌よく詰み、地沸つき、地景細かに現れる。刃文は、直調に焼き出して浅く湾れ、小沸よくつき、小互の目や尖りごころの刃を交え、小足入り、飛焼きわずかに入る。帽子は直ぐに先掃きかけて小丸に返る。

慶長元年、肥前佐賀藩の抱工であった橋本新左衛門尉忠吉は、上洛して埋忠明寿の門人となり、慶長3年に帰国して佐賀城下に工房を開きます。以降、江戸期を通じてその一門は大いに繁栄しました。初代忠吉が学んだ埋忠明寿は元来は金工でしたが、慶長を境にして古刀と異なる作風、すなわち詰んだ鍛え肌におおらかな湾れ調の小沸つき匂口の明るい刃文、宗教的拘束から脱皮した刀身彫刻も加えて、顕著な新刀の特色を現し、新刀鍛冶の祖とされます(*1)。この埋忠明寿の作風や仕事の仕方、京の美意識、来派の山城伝などを佐賀の地に持ち帰り、さらに肥前佐賀藩の初代藩主鍋島勝茂の好みやこの地の風土・国際貿易港長崎に近い地の利などの要素が加わり、それらが初代肥前忠吉の創造性を醸成したと考えられ、やがて江戸期を通じて幕末まで一門に受け継がれるゆるぎない作風を打ち立てていきます。藩主鍋島家が作刀を奨励し、諸大名に贈って宣伝したほか、支那や朝鮮への輸出も行っており、肥前刀は作刀数が多く現代の登録数が多いことも特徴的です(*2)。後代の中で、本作のような五字忠吉と呼ばれる「肥前国忠吉」と銘を切る刀工に、土佐守忠吉、三代陸奥守忠吉、四代近江大掾忠吉、五代および六代の近江守忠吉、八代忠吉らがいます。

参考文献 :( *1)『埋忠明寿とその周辺に関する一考察』小笠原信夫 MUSEUM 東京国立博物館美術誌 306号 昭和51年、( *2)『日本刀大鑑』新刀篇二 佐藤寒山 大塚工藝社 昭和41年

黒色変わり塗鞘脇差拵 : 鍔(鉄地、金布目象嵌)、武者図目貫(赤銅地)、波龍縁(銅地、金色絵)、武者図頭(銅地)

見どころ重ねがやや厚く、中切先延びるがっちりとした体配の脇差です。江戸時代初期以降、橋本新左衛門尉忠吉を祖として9代連綿と栄えた本家後代の作と見られ、小糠肌が細やかに詰み地鉄明るく、小沸出来の湾れ乱れ刃文も冴えがあります。茎仕立ても丁寧で状態よく保存されています。

状態古研ぎで細かなヒケがありますが、鑑賞時に妨げとなるほどではありません。研磨の必要等はなく、現状にてお楽しみいただけます。変わり鉄が裏鎬地の中程に1ヶ所、表裏の区から区上5cmほどの間に見られます。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地一重ハバキ、拵、拵袋、登録証(東京都第117497号 昭和参拾八年拾壱月拾参日交付)、特別貴重刀剣認定書(日本美術刀剣保存協会 昭和四十四年十一月九日発行)



【商品番号】A080816【価格】280,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.