Touken Komachi





刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘 (宮本包則)
Mumei attributed toMiyamoto Kanenori
【銘文】無銘
【寸法】刃長 65.5cm(2尺1寸6分1厘)、反り 1.1cm(3分6厘)、元幅 3.00cm、元重ね 0.64cm、先幅 1.99cm、先重ね 0.32cm、目釘孔 3個、刀身重量 543.5g 、白鞘全長 93cm
【時代】明治時代
【都道府県】東京

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、反り浅く、中切先延びごころとなる。

 茎は、磨り上げ、鑢目は切り、先は切り、目釘孔三。

 彫物は、表裏に棒樋を掻き通し、添え樋を掻き流す。

 地鉄は、小板目肌よくつみ、ところどころ板目肌交じり、地沸つき、地景入る。

 刃文は、中直刃、匂口締まりごころ、小互の目・小丁子刃交じり、鼠足入り、うちのけ状の働きがある。

 帽子は、浅く湾れてやや突き上げ気味に小丸に返り、先わずかに掃き掛ける。


【見どころ】茎にうっすらと残る朱銘は肉眼では判読し難く登録証・鑑定書も無銘となっていますが、カラー写真では元の朱銘の痕跡が判読でき、表に「延寿国吉」 、裏に「光□︎(花押)」とあったことがわかります。古作を見るような堂々とした格調のある作ですが、年代的な若さが看取され、宮本包則の極めは首肯されます。味わい深い地鉄、静謐な刃文も見事です。

 宮本(姓氏 : 菅原)包則は、天保元年、伯耆国武田村大柿(現在の倉吉市大柿)の醸造家の二男として生まれ、刀工を志して嘉永3年に備前長船の横山祐包に入門しました。安政3年に鳥取藩家老職荒尾千葉介の抱工となり、孝明天皇の御太刀を上納、慶應三年に能登守を受領し、翌年には有栖川宮に従い陣中鍛刀し、明治元年、三条宗近にあやかり稲荷山剣石に参籠して明治天皇御太刀と稲荷社奉納刀の他数口を鍛えています。

 廃刀令後は一時帰郷して農具製作を行い、明治18年以降、伊勢神宮遷宮御神剣の太刀・鉾・鏃などを日置兼次とともに鍛造上納し、正倉院御物古代宝剣の模造を日置兼次・石堂一光らと行った他、熱田神宮御神宝太刀や靖国神社奉納御宝剣、伊予招魂社御宝剣などの数々に製作の任にあずかりました。また、皇族や華族のお守り刀を多く製作し、明治36年には陸軍大臣寺内正毅の斡旋で英国陸相の需めによる佩刀の製作も行なっています。明治39年4月、月山貞一とともに帝室技芸員に任命され、大正3年には、宮内省指示により、大和石上神宮の御神宝韴霊太刀を複製上納しています。互の目や備前伝、相州伝、山城伝、大和伝、綾杉風など作域は幅広く、97才と長寿で晩年まで精力的に作刀しました。

【状態】
白鞘の目釘孔の裏角座(象牙)が欠損しています。ごくわずかに小錆があります。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(京都府 第55966号 平成拾九年九月拾弐日交付)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会平成21年1月29日)

【商品番号】A080918【価格】480,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.