Touken Komachi




短刀 白鞘入り
Tanto, Shirasaya
宮入 清平
Miyairi Kiyohira
【銘文】表 : 源 清平 裏 : 秋月
【寸法】刃長 20.4cm(6寸7分3厘)、反り0.3cm(9厘)、元幅 2.28cm、元重ね 0.55cm、先幅 2.22cm、先重ね 0.53cm、目釘孔 1個、刀身重量 147.9g、白鞘全長 34.5cm
【時代】昭和63年
【都道府県】長野県
【特徴】おそらく造、庵棟、身幅・重ね尋常、浅く反りがつき、切先が大きく延びる。棒樋に添樋を掻く。生茎、鑢目筋違、先栗尻、目釘孔一。地鉄は、小板目肌よくつみ、地沸つく。 刃文は小湾れに互の目交じり、足入り、沸よくつき、砂流しかかる。帽子は乱れ込み先尖って返る。

 宮入清平刀匠は、大正13年4月1日、長野県生まれ、本名は宮入栄三という。昭和16年から、兄である宮入昭平(のちに行平と改名・重要無形文化財保持者「人間国宝」となる)につき作刀を学び、昭和23年に独立した。昭和34年、第五回作刀技術発表会に初入選し、新作名刀展でも、毎日新聞社賞、優秀賞、奨励賞、努力賞等受賞が多数ある。相州伝の上作や源清麿、左行秀らを目標として、沸の強くつく作品を残す。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 平成12年 、『選抜現代刀匠名鑑 全』全日本選抜現代刀匠展実行委員会 大塚巧藝社 昭和49年、『現代刀名作図鑑』佐藤寒山 刀剣春秋新聞社 昭和52年、『刀剣美術』341号 日本美術刀剣保存協会 昭和60年

【見どころ】
緊密な鍛え肌に地沸つき、小湾れに互の目交じり足入り沸づく乱れ刃が冴え、切先の大きく延びた、力のある姿が印象的なおそらく造の短刀です。
                                                                        
【状態】良好です。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、桐箱、登録証(長野県 第76622号 昭和63年11月22日交付)
【商品番号】A081217【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.