Touken Komachi





短刀 白鞘入り 拵付き
Tanto, Shirasaya, Koshirae
喜多貞
Kita Sadahiro
【銘文】表 : 於法隆寺辺貞弘造之(花押) 裏 : 昭和癸丑年元旦 
【寸法】刃長 25.6cm(8寸4分4厘)、反り 0cm (なし)、元幅 2.61cm、元重ね 0.64cm、目釘孔 2個、刀身重量 196.3g 、白鞘全長 41.8cm、拵 41.5cm
【時代】昭和48(1973)年
【都道府県】奈良県
【特徴】平造、三ツ棟、身幅に比して、重ねやや厚めとなる無反りの短刀姿。表に素剣、裏に菖蒲樋を深く彫る。生茎、鑢目筋違に化粧、先ごく浅い栗尻、目釘孔二。地鉄は柾目肌、地沸つく。刃文は浅く湾れ、沸よく付き、互の目を交え、ほつれかかり、金筋・砂流しかかる。帽子は焼き詰め、盛んに掃き掛ける。

黒蝋色塗鞘合口拵 : 書籍図目貫(赤銅地容彫金色絵)、非時香菓図小柄(赤銅地)、小柄穂(銘 正寿)

 貞弘刀匠は、本名を喜多弘といい、大正12年生まれ。 昭和14年大阪の月山一門に学び、十八年海軍御用刀匠となる。 昭和22年、奈良県生駒郡に鍛錬所を開設した。 新作名刀展では毎日新聞社賞、名誉会長賞他、受賞多数。 相州伝と大和伝の研鑽に励み、昭和46年、奈良県の無形文化財に指定された。

参考文献 : 『選抜現代刀名匠名鑑』長谷川祥一編 全日本選抜現代刀匠展実行委員会 昭和49年

見どころ
本作は、名物桑山保昌(国宝)を写した意欲作で、貞弘刀匠が50才を迎える年の元旦に完成させたことが年紀銘から窺われます。法隆寺にほど近い鍛錬所で、天命を知るとばかりに、目標とする大和伝の一つの形を見事に再現した力強い出来映えをお楽しみいただけます。
                                                                         
状態刀身・拵共に、良好です。
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(奈良県 第13514号 昭和48年1月19日交付)



【商品番号】A090218【価格】450,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.