Touken Komachi





脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
一貫斎大慶
Ikkansai Taikei
【銘文】表 : 一貫斎大慶 平成元年皐月吉祥日 裏 : 南無大日如来 南無妙法蓮華経
【寸法】刃長 31.6cm(1尺0寸4分2厘)、反り 0.4cm(1分3厘)、元幅 3.79cm、元重ね 0.76cm、目釘孔 1個、刀身重量 399g 、白鞘全長 51cm
【時代】平成元年(1989)
【都道府県】新潟県

【特徴】姿は、平造、庵棟、身幅きわめて広く、重ね厚め、先張り、先反り付き、フクラ枯れる。

 茎は、生茎、鑢目は筋違、先は剣形、目釘孔一。

 彫物は、表に倶利伽羅龍、裏に梵字を彫る。

 地鉄は、板目肌、杢目を交え、地沸つき、地景入る。

 刃文は、互の目乱れ、足入り、よく沸づき、金筋・砂流しかかる。

 帽子は、乱れ込み、火焔状となる


【見どころ】
身幅がきわめて広く量感ある平造の姿で、地沸つく板目肌に沸出来互の目乱れ刃文を焼き、倶利伽羅龍と梵字の彫物が映えた一口です。一貫斎大慶と銘を切る本作は、泰慶とも刀工銘を切る清水精也氏の作で、「南無大日如来 南無妙法蓮華経」と彫銘があり、平成元年の年紀作であることから、新しい平成の世への祈りが込められたものと考えられます。泰慶は、昭和22年8月16日生まれ、新潟県の刀工で、昭和44年に酒井一貫斎繁政に入門、鍛刀と彫刻を学び、昭和51年に独立しました。本作のように、沸えた地刃と広い身幅の豪壮な造り込みを得意とします。

【状態】切先近くに極小の点状の刃こぼれがあり、鞘擦れ跡が表裏の物打ち辺りと、裏の彫物付近にあります。
【付属品】素銅地金着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(新潟県 第059581号 平成元年10月27日交付)

【商品番号】A090618【価格】380,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.