Touken Komachi






刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(千手院)
Mumei attributed to Senju-in
【銘文】無銘
【寸法】刃長70.90cm(2尺3寸4分0厘)、反り 1.8cm(6分)、元幅 2.87cm、元重ね 0.48cm、先幅 1.48cm、先重 0.25cm、目釘孔 3個、刀身重量 536g 、白鞘全長 98cm
【時代】鎌倉時代
【国】大和
【特徴】鎬造、庵棟、身幅尋常、元先の幅差目立ってつき、重ね薄めに、鎬筋高く、腰反りつき、小切先となる姿。大磨上、鑢目切り、先切り、目釘穴三。地鉄は小板目肌つみ、杢目や流れ肌を交え、地沸つき、地景入る。刃文は、浅く湾れ、小模様の互の目や丁子、小乱れ風の刃が交じり、沸よくつき、金筋・砂流ししきりにかかり、刃肌に沸からみ、喰違い刃交じる。帽子は乱れ込み、火焔風となる。

大和五派(千手院、当麻、手掻、保昌、尻懸)の中でも最も古く、若草山の千手谷から天禄年間に東大寺三月堂の北西に移り、この地で作刀した刀工群が千手院派であると伝えられています。平安時代後期に、行信・重弘ら名工がいたとされますがその確実な在銘作は未だ知られず、同派の有銘作もわずかに見られるのみで、無銘の作が多く伝えられます。

参考文献 : 『新版 日本刀講座 古刀鑑定編(上)』本間薫山・佐藤寒山 編 雄山閣 平成9  

見どころ
複雑な乱れ刃を焼き、幾重にも金筋・砂流しを交えるなど千手院派の特色をよく表す出来口です。刃中の働きは、あたかも千手観音の姿を彷彿とさせるような込み入った複雑なものでありながら派手ではなく、地刃の冴えが強く味わい深いものです。大磨上でもなお腰反りのつく優美な姿も見事な一口です。

状態 裏物打ちあたりに、薄く曇って見えるところ2箇所あります。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(福岡県 第23068号 昭和29年11月18日交付)、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十三年二月二十五日発行)

【商品番号】A090717【価格】1,200,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.