Touken Komachi




脇差 白鞘入
Wakizashi, Shirasaya
無銘(上野守吉国)
Mumei, attributed to Kozuke no kami Yoshikuni
【銘文】無銘
【寸法】刃長 45.0cm(1尺4寸8分5厘)、反り 1.2cm(3分9厘)、元幅 2.90cm、元重ね 0.66cm、先幅 2.18cm、先重ね 0.36cm、目釘孔 壱個、刀身重量 383.5g、白鞘全長 68.5cm
【時代】江戸時代前期〜中期 万治頃
国】土佐

【特徴】姿は、鎬造り、庵棟、身幅・重ね尋常、鎬高く、反りやや高く、中切先延びる。

 磨上茎、先剣形、鑢目大筋違、目釘孔一。

 地鉄は、板目肌、やや肌立ち、小杢目交じり、地沸つく。

 刃文は、大湾れに、互の目を交え、焼頭に二重刃かかり、沸つき、砂流しかかり、飛び焼き入る。

 帽子は、浅く湾れ、先尖りごころに返る。

【見どころ】上野守吉国は森下孫兵衞といい、本国は陸奥・磐城中村、播磨守吉成の子で土佐吉行の兄。寛文頃、大阪伏見両替町に移り大和守吉道の門に学び作刀した。その後、土佐藩工として活躍し、土佐吉国とも呼ばれる。「摂津住吉国」「摂津住藤原吉国」「上野大掾吉国」「上野守吉国」等と銘を切る。師の大和守吉道は、大坂初代丹波守吉道の次男で、家伝の簾刃を焼くこともあることから吉国もその手法を学んだと見られます。沸が細やかで匂口明るく、華やかな作品です。

【状態】
わずかに薄錆がありますが、概ね良好です。
【付属品】紗綾形文銀一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(青森県 第六〇四七号 昭和卅参年六月廿五日再発行)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成30年8月20日発行)

【商品番号】A100119【価格】250,000円(消費税・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.