Touken Komachi





短刀 拵え入り
Tanto, Koshirae
無銘(伝 為継)
Mumei, succeeded as Tametsugu
【銘文】無銘
【寸法】刃長 22.9cm(7寸5分5厘)、反り0cm(なし)、元幅 2.46cm、元重ね 0.49cm、目釘孔 1 個、刀身重量 124.8g 、拵全長 32.2cm
【時代】南北朝時代
【国】越前
【特徴】平造、三ツ棟、見幅尋常、重ねやや薄く、無反りの短刀の姿。磨上げ茎、鑢目切、先切り、目釘孔一。地鉄は板目肌、杢目交じり、地沸つき、地景入る。刃文は、湾れに互の目を交え、総体によく沸付き、砂流しかかる。帽子は乱れ込み、丸く返り、先掃き掛けかかる。

本作は、無銘ですが為継の作と伝えられています。為継はその作の銘文から、延文(1356-1361)頃は越前に住し、応安二年(1369)以降、越前より美濃不破郡へ移住した事が読み取れます。郷義弘の弟子であったとの説がありますが作風から疑問が残り、年代面からも研究の余地があるとされます。なお、濃州打ちにも北国風がみられます。

桜花楓文散黒蝋色塗鞘合口短刀拵 : 潮干狩図小柄(赤銅魚々子地高彫金色絵)、小刀(銘:関善定藤原兼光)

参考文献:『日本刀銘鑑』石井昌國 本間薫山 雄山閣 平成十二年、『新版 日本刀講座 第三巻』本間薫山 佐藤寒山 雄山閣 平成九年

見どころ
板目肌やや流れごころに肌立ち、黒みを帯びる鉄色が特徴的で、上半から切先に掛けて著しく砂流しかかり沸よくつき、躍動感のある地刃の景色が楽しめます。
                                                                        
状態刀身・拵共に状態は良好です。
【付属品】素銅地金着一重ハバキ、拵、拵袋、登録証(東京都第175531号 昭和四拾八年弐月壱日交付)



【商品番号】A101117【価格】180,000円(消費税・国内送料込) 商談中


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.