Touken Komachi


*各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

  



刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
肥前二代正廣
Hizen Nidai(the 2nd generation) Masahiro


【銘文】(裏)肥前國河内守藤原正廣
【寸法】刃長 74.2cm(2尺4寸4分8厘)、反り 1.1cm(3分6厘)、元幅 3.32cm、元重ね 0.75cm、先幅 2.07cm、先重ね 0.43cm、目釘孔 1個、刀身重量 762g 、白鞘全長 104cm
【時代】江戸時代 寛文頃
【国】肥前

【特徴】鎬造り、庵棟、身幅広く重ね尋常、鎬幅は身幅に比して広め、浅く反りがつき先幅狭くなり、中切先延びる体配。生茎、鑢目大筋違、先入山形、目釘孔1、太刀銘(指裏)に長銘を切る。地鉄は小板目肌よく詰み、地沸微塵につき、地景細かに入る。刃文は直刃浅く湾れ、匂深く、食違刃風交じり、沸厚く付き砂流しかかり、金筋よく入る。帽子は、よく沸づいて直ぐに小丸に返る。

肥前二代正広は、初代肥前河内大掾正広の子、寛永4年生まれ。佐伝次郎と称し、初め正永と銘を切る。万治三年ごろ河内大掾を受領し、次いで武蔵守に転じ、寛文五年父正広没後、河内守を受領し正広を襲名したのが39歳の時。作品には乱れ刃が多いものの、本作のような直刃も上手で、父に劣らぬ技倆を有し、橋本本家の協力者の一人であったとされ、元禄12年、73歳で没した。

見どころ】身幅が広くずっしりとした手持ち感のある堂々とした体配に、よく詰んだ米糠肌の地鉄と匂深の中直刃が楽しめる一振りです。惜しむらくは、地鉄にやや荒れたところがありますが、茎の状態は極めて良く、研磨と白鞘の新規製作が近年行われており、現状のまま保存と鑑賞をお楽しみいただけます。

状態研磨済み。刀身の中ほどから物打ちにかけて地鉄が荒れたところがあります。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地金着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(新潟県 第弐弐九七八号 昭和三九年一月一五日発行)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 H27発行)



【商品番号】A110515【価格】600,000円 (消費税・送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.