Touken Komachi





短刀 白鞘入り
Tanto, Shirasaya
榎本貞吉
Enomoto Sadayoshi
【銘文】表 : 貞吉 裏 : 昭和辛酉春
【寸法】刃長 21.6cm(7寸1分2厘)、反り0.3cm(2分9厘)、元幅 3.89cm、元重ね 0.49cm、目釘孔 1 個、刀身重量 178.2g 、白鞘全長 36.3cm
【時代】昭和56年
【都道府県】静岡県
【特徴】平造、丸棟で先のみ庵棟、身幅広く、重ね薄めに、ごく浅く反りがつく特異な姿。表裏に護摩箸を透彫りとし爪を彫る。生茎、鑢目筋違、先入山形、目釘孔一。地鉄は板目肌、杢目を交え、地沸つき、地景入る。刃文は、湾れ乱れ、互の目を交え、足入り、沸細かにつき、砂流しかかる。帽子は乱れ込み先丸く浅く返る。

 貞吉刀匠は、明治41年徳島県生まれ、本名を榎本吉一といい、月山貞勝刀匠に学び、静岡県三島市に移住し、湧水心と号した。新作名刀展で高く評価され、昭和56年無鑑査待遇、平成8年には無鑑査に認定され、この年ご子息の榎本貞人刀匠は自身の努力賞受賞の言葉で「師匠である父は八十八歳の年齢にも関わらず、毎日良い作品を残そうと懸命に作刀に励んでおります。父の気迫、情熱に負けぬように、私も今まで以上に精進し、作刀に努めたいと思います」(『刀剣美術』第475号)と述べた。「榎本貞吉作」「伊豆三島住貞吉謹作」「豆州三島住湧水心貞吉謹作」等と銘を切る。平成12年、92歳で没した。

参考文献:『日本刀銘鑑』石井昌國 本間薫山 雄山閣 平成十二年、『第十九回新作名刀展 入賞・入選者発表』刀剣美術6月号 第317号 日本美術刀剣保存協会 昭和五十六年、『平成八年新作名刀展覧会の概要』刀剣美術8月号 第475号 日本美術刀剣保存協会 平成八年

見どころ】本作は
包丁正宗写しの短刀で、昭和56年の新作名刀展に出品され、「無鑑査待遇」に認定された記念すべき作品です。杢目を交えた板目鍛えの冴えた地鉄に、刃中よく働く湾れ乱れの刃文を焼き、表裏の彫物がアクセントとなっています。
                                                                        
状態良好です。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(静岡県第57795号 昭和五拾六年六月拾七日交付)

【商品番号】A111117【価格】350,000円(消費税・国内送料込)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.