Touken Komachi







太刀 白鞘入り
Tachi, Shirasaya
大野 義光
Ôno Yoshimitsu
【銘文】表 : 越後国義光作 裏 : 昭和五十四年八月日
【寸法】刃長 76.6cm(2尺5寸2分8厘)、反り 2.1cm(6分9厘)、元幅 3.38cm、元重ね 0.69cm、先幅 2.15cm、先重ね 0.40cm、目釘孔 1個、刀身重量 780g 、白鞘全長 110cm
【時代】昭和54(1979)年 
【都道府県】新潟県
【特徴】鎬造、庵棟、元幅広く、先幅を狭めて、元先の幅差開き、重ね尋常、反りやや深く、中切先となる姿。生茎、鑢目筋違、先栗尻、目釘穴一。地鉄は小板目肌よくつみ、地沸つく。刃文は丁子乱れ、互の目交じり、足・葉入り、匂口明るい。帽子は、浅く乱れ込み丸く返り、先沸づいて掃き掛ける。

 大野義光刀匠は、昭和23(1948)年新潟県西蒲原郡黒埼町(現新潟市)生まれ。昭和44~ 51年、吉原義人刀匠に入門、昭和47年、日本大学農獣医学部を卒業、昭和50年、新作名刀展に初出品し奨励賞を受賞、翌昭和51年、新潟に「大野義光鍛刀場」を設立します。昭和57年高松宮賞、昭和58年文化庁長官賞、昭和59~62年まで4年連続高松宮賞を受賞し、昭和63年に無鑑査となります。昭和59年、伊勢神宮第61回式年遷宮の御神刀を制作奉仕。この頃上杉家伝来の国宝「山鳥毛」写しを完成します。平成24年には葛飾区指定無形文化財に認定され、現代を代表する刀匠の一人として幅広く活躍されています。本作は、大野刀匠が三十一歳の頃、新潟の鍛刀場で打ち上げられた作品です。

参考文献 : 大野義光刀剣工房(大野義光の現代刀展示・即売公式サイト) http://www7b.biglobe.ne.jp/~onoyoshimitsutoukenkoubou/index.html

見どころ
よくつんだ地鉄に匂口の明るい丁子乱れが映え、きれいな反りのつく姿の良い一口です。

状態】棟と茎棟に錆があり、平地や鎬地、刃部に曇りや薄錆があります。健全な姿を保っており、白鞘やハバキの状態も良好です。研磨のご依頼も承ります。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地銀着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(東京都第216295号 昭和五拾四年拾月弐拾五日交付)

【商品番号】A120517【価格】1,100,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.