Touken Komachi





筑紫薙刀 拵入り 
Tsukushi Naginata, Koshirae
無銘
Mumei
【銘文】無銘
【寸法】刃長 56.66cm(1尺8寸7分0厘)、反り 3.6cm(1寸1分)、元幅 2.18cm、元重ね 0.79cm、先幅 3.24cm、先重ね 0.68cm、目釘孔 1個、刀身重量 849g 、拵全長 176cm
【時代】室町時代

【特徴】姿は、筑紫薙刀、庵棟、重ね厚く、鎬幅広く、鵜の首風に鎬地の棟側を削いで鎬高く、先やや張り、先反り深くつく体配。

 茎は、目釘孔が一つ空いた小さな茎があり、柄に目釘で留める。さらに、刀身の棟側にある鉈のように柄にすげる部分を固定するかんぬきのような部品とそれを補強する目釘がつく。

 地鉄は、小板目肌よく練れ、地沸つき、白気映り立つ。

 刃文は、沸出来、小乱れに湾れや小互の目を交え、金線・砂流しかかり、飛焼き入る。

 帽子は、表は乱れ込み、先尖りごころに返る。

【見どころ】薙刀は、正倉院手鉾を滑らかな線に変形したものと考えられ、物を薙ぐために用いられる武器で、平安後期頃から鎌倉時代を通じてもっとも重要な武器の一つとして用いられました。筑紫薙刀は、通常の薙刀にある茎がなく、鉈のようにして柄にすげて使います。筑紫薙刀という名称の由来について、福永酔剣氏は、大友家などで盛んに使用したからという説を紹介する一方、朝鮮で出土した武器に似た形式のものがあり、筑紫で朝鮮のものを模倣したことも考えられると述べています(『日本刀大百科事典』雄山閣 平成5)。河内国駒ケ谷(大阪府羽曳野市)の壷井八幡宮(現 通法寺)の神功皇后所持と伝えられる薙刀もこの形とされます。本作は柄の長い古い拵えに入っており、鉄製の石突は銀杏形というより斧のようでもあり、実用性に重きを置いた外装と見られ、リアルな筑紫薙刀の姿を伝えており貴重です。刃文は自然な抑揚変化があり、沸づきにむらがなく冴えています。

【状態】
古研ぎの状態で薄錆があります。

【付属品】拵、登録証(兵庫県 第10316号 昭和26年10月5日発行)



【商品番号】A120818【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.