Touken Komachi





脇差 白鞘入 
Wakizashi, Shirasaya
和泉守来金道
Izumi no kami Rai Kinmichi
【銘文】表 : (菊紋)和泉守来金道
【寸法】刃長 51.80cm(1尺7寸0分9厘)、反り 1.2cm(3分9厘)、元幅 3.33cm、元重ね 0.86cm、先幅 2.38cm、先重ね 0.57cm、目釘孔 1個、刀身重量 634g、白鞘全長 76.5cm
【時代】江戸時代
】山城

【特徴】姿は、鎬造り、庵棟、身幅広、重ね厚く、元先やや幅差つき、反り浅くつき、中切先となる。

 生茎、先入山形、鑢目筋違、目釘孔一。

 地鉄は、板目肌、やや肌立ち
地沸つく。

 刃文は、直ぐに短く焼き出し、浅く湾れ、大互の目交じり、足入り、匂深く沸よくつき、金筋・砂流しかかる。

 帽子は、浅く湾れて先小丸に返る。

【見どころ】身幅広く重ねの厚い造り込みでガッチリとした手持ち感のある脇差で、やや肌立つ板目鍛えに匂深く沸よくつく大互の目交じりの豪快な湾れ刃文を焼いています。本作は三代目の来金道の作と見られます。来金道は、本国美濃より桃山期に京に移住した兼道とその子の四兄弟である伊賀守金道・和泉守金道・丹波守吉道・越中守正俊、さらにその門葉が繁栄した三品派の刀工です。浅く湾れて先小丸に返る典型的な三品帽子も見どころです。

【状態】健全な姿を保っている一振りで
研磨済みで、白鞘は新調されており、良好な状態で保存と鑑賞をお楽しみいただけます。

【付属品】素銅地二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(東京都 第101836号 昭和卅五年七月拾四日交付)特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成30年6月13日発行)

【商品番号】A121218【価格】550,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.