Touken Komachi







脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
播磨大掾藤原重高 石見守藤原信仍
Harima daijyo Fujiwara Shigetaka, Iwami no kami Fujiwara Nobuyori
【銘文】表 : 播磨大掾藤原重高 裏 : 石見守藤原信仍
【寸法】刃長 57.8cm(1尺9寸0分7厘)、反り 1.9cm(6分2厘)、元幅 2.98cm、元重ね 0.62cm、先幅 1.94cm、先重ね0.42 cm、目釘孔 2個、刀身重量 471g 、白鞘全長 82cm
【時代】江戸時代前期 寛永頃
【国】越前
【特徴】鎬造、庵棟、棟のおろしやや急、身幅・重ね尋常、腰反りつき、先幅をやや狭め、中切先が延びる姿。生茎、鑢目勝手下がり、先栗尻、目釘孔二。地鉄は、板目肌、流れ肌交じり、地沸細かに厚くつく。刃文は、湾れに小乱れ、腰刃風の互の目を交え、沸よく付き、刃縁ほつれ、細かに砂流しかかり、飛焼入り、上半は直ぐ調となり、小互の目を交え沸づく。帽子は直ぐに沸くずれて小丸、先わずかに掃掛ける。

 播磨大掾藤原重高と石見守藤原信仍は、共に江戸時代寛永頃に活躍した越前の刀工で、本作は合作刀です。初代重高は、初代康継の門人で上手と知られ、越前と江戸でも作刀し、名物骨喰藤四郎の写し(第二十一回重要刀剣)の遺作があります。『古今鍛治備考』に、寛永頃の初代重高の作は業物と記載があります。『新刀古刀大鑑』によると、福井市「志比口浄善寺」にお墓があるとのことです。

参考文献 : 『犬養木堂注記本 古今鍛治備考全』山田浅右衛門編著 福永酔剣解説 雄山閣 昭和50年8月25日発行、『新刀古刀大鑑 下巻・新刀之部』川口陟 歴史図書社 昭和47年2月15日発行、『第二十一回 重要刀剣図譜』「脇指 銘 播磨大掾藤原重高」 日本美術刀剣保存協会 昭和48年

見どころ
沸づき、ほつれ、細やかな砂流しかかり、腰刃風の乱れ刃が上半の直ぐ調へと連なり、小互の目を交え、足入り、小沸つき変化する刃文構成で、腰反りつく姿も相まって古風な雰囲気があります。

状態鎬地に長めのごく浅い縦割れ、下半にやや地鉄の荒れたところがあります。研磨、白鞘、はばきの状態は良好です。
*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(東京都第163977号 昭和四拾六年八月四日交付)、特別貴重刀剣認定書(日本美術刀剣保存協会S46.10.16)

【商品番号】A130517【価格】200,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.