Touken Komachi


*各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。




短刀 白鞘入り
Tanto, Shirasaya
無銘 (筑紫了戒)
Mumei, nosignature, attributed to Chikushi Ryokai
【銘文】無銘
【寸法】刃長 27.8cm(9寸1分7厘)、反り0cm(なし)、元幅 2.53cm、棟元重ね 0.65cm、目釘孔 2個、刀身重量 186.5g 、白鞘全長 42cm
【時代】室町時代
【国】豊前

【特徴】平造、三ツ棟、身幅はやや細く、重ね尋常、先幅はさほど落ちず、内反りごころのある短刀姿。生茎、鑢目勝手下がり、先栗尻、目釘孔2個。地鉄は板目肌、小杢目交じり、地沸つき、沸映り立つ。刃文は細直刃、匂口締まりごころ、ところどころ沸づいてほつれ、金線・砂流しかかる。帽子は小丸、浅く返る。

来国俊の弟子あるいは同門とされる了戒は鎌倉時代後期に活躍した刀工です。その子である了戒久信の流れを汲む刀工たちが、南北時代中期〜室町時代初期の頃、豊前国宇佐に移住し、彼らは了戒一派でも特に精鋭であったため、繁栄して筑豊に広がったと伝えられ、これを総称して筑紫了戒と呼称しています。能定、能真、量能(かずよし)、重行、宗能、久信、能正そのほか多くの刀工がおり、了戒某と了戒を冠称し、銘文は概して長銘に切ります。「了戒能定作」、「豊前国住了戒能真作」、「了戒量能作」等。

参考文献 : 『日本刀名鑑(石井昌國編著 雄山閣)』、『日本刀講座3〜古刀鑑定編 中〜(本間薫山・佐藤寒山監修 雄山閣)』、『日本刀剣全史6 (川口陟著 歴史図書社)』、『大分県の刀ー室町期からのー』(中原信夫著)』。 (敬称略)

見どころ姿や地刃に京風の趣が残り、筑紫了戒との極めも首肯されますが室町中期を下らないと見られる一口です。表の茎の目釘孔横棟側には、錆色が他と異なる小さな部分があり、仔細に観察すると、かつて来國俊と銘を切られていたことがわかります。この銘の消し方は、一見中途半端に見えますが、かつての浅く素朴な鑢目や深くやわらかな艶を帯びた錆色を部分的にでも今に伝え、なにより茎重ねがこれ以上減らないように意図されていることなどが愛好者に伝えられた歴史をものがたり、好ましく感じられます。筑紫了戒には未解明な事柄が多く、京から応仁の乱の戦火を逃れて西国の大内氏ら武将たちの庇護を受け生き延びたという説がある一方、いやむしろ豪族の安心院氏に招かれたのではとの説もあり、興味がつきません。

状態古研ぎで細かなヒケがあり、肉眼では看取し難い薄錆がわずかにありますが、鑑賞の妨げとなるほどではなく現状で保存鑑賞をお楽しみいただけます。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】銀二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(京都府第55967号 平成九年九月拾弐日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成21年1月29日発行)

【商品番号】A140616【価格】180,000円(消費税、国内送料込み)
++

ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.