Touken Komachi





刀 白鞘入
Katana, Shirasaya
近江大掾忠広
Omi Daijo Tadahiro
【銘文】太刀銘 表 : 肥前国住近江大掾藤原忠廣
【寸法】刃長 69.53cm(2尺2寸9分5厘)、反り 2.1cm(7分)、元幅 3.45cm、元重ね 0.73cm、先幅 2.16cm、 先重ね 0.42cm、目釘孔 1個、刀身重量 804g、白鞘全長 96cm
【時代】江戸時代前期
国】肥前

【特徴】姿は、鎬造り、庵棟、身幅広く、重ね厚く、元先幅差つき、反り高く、中切先延びる姿。

 生茎、先入山、鑢目は浅い勝手上がり、目釘孔一。

 地鉄は、小板目肌よくつみ、地沸微塵に厚くつき、地景細かに入る。

 刃文は、直刃調、浅く湾れ、小互の目交じり、小足入り、匂口締まりごころ、細かな金筋・砂流しかかり、小沸つき冴える。

 帽子は、直ぐに小丸、先僅かに掃きかけ、やや深く返る。

【見どころ】
二代忠広は、初代忠吉の子。名を平十郎といい、父が六十一歳で没した寛永九年、僅か十九歳でしたが、弟子たちに助けられ、元禄六年八十歳で没するまでに多数作刀を残しています。
本作は、忠広の得意とした浅い湾れを交えた匂口締まりごころの直刃調の作品で、爽快な匂口の冴えを見せています。小板目がよくつんで地沸つく米糠肌と呼ばれる鍛え肌も見事な、二代忠広の典型的な作品です。身幅広く重ね厚く豪壮な姿でありながら、反り高く元先の幅差がつき、手持ちのバランスもよく考慮されています。

【状態】
刃区がしっかりと残る健全な体配で、研磨回数が少ないと見られ、現在の研磨の状態も良好です。

【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(山形県 第7031号 昭和廿七年六月拾八日交付)特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十八年三月二十三日発行)

【商品番号】A010419【価格】1,850,000円(消費税・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.