Touken Komachi





刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
長船祐定
osafune Sukesada
【銘文】表 : 備州長船祐定 裏 : 永正九年二月日
【寸法】刃長 69.6cm(2尺2寸9分7厘)、反り2.6cm (8分5厘)、元幅 2.98cm、元重ね 0.79cm、先幅 1.80cm、先重ね 0.47cm、目釘孔 2個、刀身重量 568.5g 、白鞘全長 99cm
【時代】室町時代 永正九年(1512)
【国】備前

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、反り高く、先反りつき、中切先延びる。

彫物は、表裏に棒樋を掻き、角止めとする。

生茎、鑢目勝手下がり、先刃上がり栗尻、目釘孔二。

地鉄は、板目肌、杢目交じり、流れごころを交え、地景入り、地沸つき、淡く映り立つ。

刃文は、互の目に丁子刃交じり、こ足・葉入り、小沸つき、金筋・砂流しかかる。

帽子は乱れ込み、先掃き掛けて返る。

見どころ
備州祐定は、室町時代後期に備前で活躍した刀工集団で、同名を切る刀工が多数います。戦国時代の需要に応えた、切れ味の優れた実用的な刀剣を多数造ったことが知られています。本作は、表裏共に片チリの角止め棒樋を掻き、反り高く堂々とした体配です。深い色合いを呈した板目肌の地鉄に、腰開き互の目に丁子交じりの匂口の明るく冴えた刃文を焼いています。

状態良好です。
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(愛知県第64242号 平成5年5月13日交付)、保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H13.3.30発行)


【商品番号】A010520【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.