Touken Komachi






脇差 白鞘入り 拵付き
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
近江大掾藤原忠広
Omi-daijo Fujiwara Tadahiro
【銘文】表 : 近江大掾藤原忠廣 
【寸法】刃長 48.9cm(1尺6寸1分3厘)、反り0.7cm(2分3厘)、元幅 3.00cmcm、元重ね 0.51cm、先幅 2.11cm、先重ね 0.44cm、目釘孔 1個、刀身重量 411.5g 、白鞘全長 75.5cm、拵全長 71cm
【時代】江戸時代前期
【国】肥前

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、反り浅くつき、中切先延びる姿。

 生茎、鑢目勝手上がり、先剣形、目釘孔一。
 地鉄は、小板目肌よくつみ、地沸微塵につく。

 刃文は、中直刃、匂深く、小足入り、小沸厚くつく。

 帽子は。直ぐに先掃き掛けて小丸に返る。
 
 変わり塗鞘脇差拵 : 蔓草図鐔(真鍮地高彫色絵)、蔓草図頭(素銅地高彫色絵)、桜花図縁(素銅地高彫色絵)、鉄扇渡辺星紋図目貫(赤銅地容彫金色絵)、秋草虫図目貫(赤銅地容彫金色絵)

見どころ
近江大掾忠広は初代忠吉の嫡子で、父の没した寛永9年にはまだ19歳という若さでしたが、同年から作刀がみられ父の弟子達の協力を得て家名を守ったことが伝えられています。寛永18年7月に近江大掾を受領し、元禄6年に81歳で没しました。本作は、近江大掾忠広の得意とした直刃で、よくつまった細かな鍛え肌や、直ぐに小丸に返る帽子等にその特徴をよく現しています。

状態良好です。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(神奈川県63535号 昭和55年9月3日交付)、特別保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H29.3.24発行)



【商品番号】A010620【価格】480,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.