Touken Komachi





刀 白鞘入り 拵付き
Katana, Shirasaya, Koshirae
無銘 伝(村正)
Mumei, attributed to Den Muramasa
【銘文】無銘
【寸法】刃長 69.3cm(2尺2寸8分7厘)、反り 2.0cm(6分6厘)、元幅 2.93cm、元重ね 0.62cm、先幅 2.09cm、先重ね 0.39cm、目釘孔 3個、刀身重量 659.5g 、白鞘全長 96cm、拵全長 96.5cm
【時代】室町時代後期
【国】伊勢

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、反り高く、先反りつき、中切先延びる姿。

彫物は、表に二筋樋を掻き流し、裏は二筋樋を中程で丸留めとし、梵字と素剣を彫る。

茎は、磨上、鑢目(旧)筋違(新)切り、 先切り、目釘孔三。

地鉄は、板目肌流れごころ、杢目を交え、地沸つき、白け映りが現れる。

刃文は、湾れに互の目を交じえ、ところどころ二重刃ごころとなり、足入り、小沸つき、金線・砂流ししきりにかかる。

帽子は、浅く湾れて先尖りごころに返る。

鳳凰唐草文錦包鞘打刀拵 : 赤銅磨地鐔(耳のみ金鍍金)、鳥図目貫(容彫)、家紋図縁頭(赤銅魚々子地)

見どころ
磨上げながら、反り高く先反りつき中切先が延びる姿で、板目流れに杢交じる鍛え肌は地沸がよくつき白け映りが立っています。匂がちに小沸つく湾れ乱れ刃文は、細かな金線や砂流しがかかってさまざまな変化を見せています。村正として伝えられており、覇気のある一振りです。

状態】刀身は、やや地鉄が荒れたところや朽込痕がありますが、研磨が施され、状態は良好です。拵は、錦包や柄巻も含め、全体的な保存状態は良好です。
【付属品】素銅地金着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(神奈川県31915号 昭和参拾六年四月弍拾六日交付)、特別貴重刀剣認定書(日本美術刀剣保存協会 昭和44年11月16日発行)


【商品番号】A010821 【価格】 売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.