Touken Komachi





脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
初代 法城寺国正
Hojoji Kunimasa, the 1st generation
【銘文】表 : 法城寺但馬守橘國正
【寸法】刃長 52.8cm( 1尺7寸4分2厘)、反り 1.3cm(4分2厘)、元幅 3.06cm、元重ね 0.60cm、先幅 2.14cm、先重ね 0.37cm、目釘孔 1個、刀身重量 526.5g 、白鞘全長 77cm
【時代】江戸時代 延宝頃  
【国】武蔵国

【特徴】姿は、鎬造り、庵棟、身幅広く、重ね尋常、やや鎬筋高く、反り頃合い、元先やや幅差つき、中切先延びる。

茎は、生茎、鑢目勝手下がり、先栗尻、目釘孔一。

地鉄は、小板目肌つみ、地沸つく。

刃文は、互の目乱れ、匂深く小沸つき、足・葉入り、金筋・砂流しかかる。

帽子は、直ぐに小丸、先掃き掛ける。

見どころ】法城寺一派は、江戸時代寛文・延宝期には江戸でもっとも大きな鍛治集団であったと考えられています。
初代法城寺国正は、但州法城寺国光の子孫と伝えられ、江戸に住し、延宝の頃作刀しました。「法城寺但馬守橘国正」と銘を切り、延宝元・三・七年の年紀作があります。法城寺一派の中でも、正弘や貞国らと共にもっとも活躍した刀工として知られています。以降、元禄頃の二代、享保頃の三代越前守、寛保頃の四代、明治頃の五代まで続き、三代の頃から江戸幕府御留鍛治となり代々食録を受けました。本作は、匂深く、よく足の入った、焼頭が揃う互の目を焼いて、法城寺一派の作風をよく表しています。

状態良好です。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(高知県9922号 昭和38年10月1日交付)、特別保存刀剣鑑定書( 日本美術刀剣保存協会H3.4.3発行)

【商品番号】A010919【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.