Touken Komachi



刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(古三原/手掻包利)
Mumei, attributed to Komihara or Tegai Kanetoshi
【銘文】無銘
【寸法】刃長 65.14cm(2尺1寸5分0厘)、反り 1.24cm(4分1厘)、元幅 3.02m、元重ね 0.70cm、先幅 2.38cm、先重ね 0.50cm、目釘孔 2個、刀身重量 743.5g 、白鞘全長 92cm
【時代】南北朝時代中期(貞治頃)
【国】備後/大和

【特徴】鎬造、庵棟、身幅尋常、鎬筋高く、元先さほど幅差つかず、中切先延びる姿。

茎は大磨上、鑢目切り、先切り、目釘孔二。

地鉄は、板目肌よく練れ、地沸つき、地景入り、刃寄り柾がかり、白気映り立つ。

刃文は、細直刃、小乱れにほつれや喰い違い刃交じり、小沸つき、砂流し・金筋かかる。

帽子は、直ぐに小丸、先やや掃き掛け、長く返る。

見どころ
長寸の堂々とした大太刀であったことがうかがえる、大磨上の姿です。備後三原派は、鎌倉時代末期に始まり、室町時代末期頃まで繁栄した刀工群です。南北朝期までの作は「古三原」と汎称されます。備後国には、大和の諸大寺の荘園があったことから大和鍛治との交流があったと考えられ、この派の作風には大和気質が色濃くあらわれています。手掻派は、東大寺転害門の付近に住した一派で、東大寺に隷属した刀工群と考えられています。本作は匂口締まりごころとなり、砂流しかかり喰違刃を交え、鍛えよくわずかに肌立ち、白気映りが顕著にあらわれるなど、大和ものの中でも手掻派の特色に通じるところがあります。

状態良好です。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(富山県 1167号 昭和26年5月1日交付)、特別保存刀剣鑑定書 : 古三原(日本美術刀剣保存協会平成30年12月10日発行) 倉敷刀剣美術館鑑定書 : 手掻包利(令和3年5月23日発行)

【商品番号】A010922 【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日

古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009- Touken komachi All rights reserved.