Touken Komachi




刀 白鞘入 拵付 
Katana, Shirasaya, Koshirae
清次
Kiyotsugu
【銘文】表 : 清次
【寸法】刃長 70.2cm(2尺3寸1分6厘)、反り 1.4cm(4分6厘)、元幅 2.89cm、元重ね 0.52cm、先幅 1.94cm、 先重ね 0.36cm、目釘孔 1個、刀身重量 532g、白鞘全長 97cm、拵全長 109cm
【時代】幕末から明治初期頃
国】長門
【特徴】姿は、鎬造り、庵棟、身幅・重ね尋常、鎬幅広く、反りやや高く、元先やや幅差つき、中切先となる姿。

 生茎、先栗尻、鑢目平筋違鎬地切り、目釘孔一。

 地鉄は板目肌、大板目や流れごころの肌を交え、地沸つき、地景入る。

 刃文は、広直刃、匂口締まりごころ、沸つき、地景が刃中に絡み、鼠足よく入る。

 帽子は、直ぐに小丸、長めに返る。

 金沃懸地家紋瑞雲蒔絵散鞘毛抜形太刀拵 : 総金具 唐草片喰紋散図 無銘、鐔 唐草紋図 無銘、目貫 毛抜形片喰紋図、銀打出絞地

【見どころ】清次は、幕末から明治初期にかけて作刀した長門の刀工です。「長州住藤原清次」「長州萩住清次」などと銘を切ります。本作は二字銘を切り、武張らず伸びやかな体配の広直刃であることから、古作に倣った特別な作であることが窺えます。作刀と同時期に誂えられたと見られる、家紋を散らした瑞雲蒔絵入りの金沃懸地塗鞘の毛抜形太刀拵は、格調高く豪華なものです。

【状態】刀身は、良好です。拵も概ね良好ですが、塗鞘
に部分的な剥落や擦れ痕がわずかにあります。
【付属品】銀一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(埼玉県 第74019号 平成16年7月2日交付)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十九年五月三十日発行)保存刀装具鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十九年二月二十四日発行)





【商品番号】A020319【価格】1,350,000円(消費税・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.